presented by
Menu
アウグスブルクに3-1で勝利

バイエルン、DFBポカール2回戦で勝利

 10月26日(水)、バイエルンはDFBポカールの2回戦でFCアウグスブルクと対戦し、3-1(2-0)での勝利を収めた。2分にフィリップ・ラーム、41分にジュリアン・グリーン、90+1分にアラバが得点を決め(グリーンは、バイエルンで初得点)、73,500人の観客を魅了した。後半には、両チームにPKのチャンスが与えられたが、どちらもPKからは得点を挙げられなかった(48分にク・ジャチョル、57分にトーマス・ミュラー)。アウグスブルクは、68分のチ・ドンウォンのゴールで、一時は1点差に迫ったものの、バイエルンの16年連続の16強入りを止めることはできなかった。そして、FCバイエルンのDFBポカールでの連続無敗記録は25となった。試合終盤には、ホルガー・バドシュトゥーバーに嬉しい出来事が! 81分にフンメルスと交代し途中出場を果たしたバドシュトゥーバーは、じつに259日ぶりに公式戦のピッチに立つことができた。

スターティングメンバー

 3週間に渡るイングリッシュウィークの真ん中にあたるこの日、バイエルンはローテンションを行った。先週土曜日、2-0で勝利したメンヘン・グラードバッハ戦にも出場したメンバーは、ノイアー、フンメルス、チアゴの3人のみ。残りの8人は土曜日に先発しなかったメンバーだった。その中でも、レナト・サンチェスがDFBポカールデューを果たし、フォワードとして出場したジュリアン・グリーンはアリアンツ・アレーナで初めてプレーした(グリーンはプロとして2試合目のスタメン出場)。

試合経過

 バイエルンは、最初のシュートで先制に成功する。前半2分、ラームが得点した。バイエルンはその後、後ろでボールを回しチャンスを窺う。一方のアウグスブルクは、9人のブロックを自陣エリア前に作り、ほとんどバイエルン陣地に攻めてこない。

 圧倒的に試合を優位に進めるバイエルンではあったが、しばらくは遠くからシュートを狙うしかなかった。しかし41分、一瞬隙ができたところでグリーンが得点し2-0。前半終了間際にはさらに、マッツ・フンメルスにビッグチャンスが訪れるが、ここは相手GKのマルヴィン・ヒッツのファインセーブに阻まれた。前半のバイエルンのボール支配率は76%、シュート数はバイエルンが11本でアウグスブルクはわずかに1本。バイエルンのパス成功率は93%だった。

 後半もバイエルンが試合を支配する。しかし48分にはアウグスブルクにPKが与えられ、ノイアーがストップするシーンがあった。一方で、9分後には逆にバイエルンにPKが与えられたが、バイエルンもこのチャンスをものにすることができない(57分)。すると、68分にカウンターからチ・ドンウォンにまさかのゴールを決められ2-1。残りの時間帯は、バイエルンが引き続きアウグスブルクを押し込み続け、ロスタイムには交代出場のアラバのゴールが生まれた。

前半ハイライト

2分、ゴーール! ミュラーのパスを受けエリア内に侵入したラームが、股抜きでDFをかわしてから右足を振り抜きゴールを決める。

20分、チアゴが中央20m付近からミドルシュートもゴール上に外れる。

21分、サンチェスのミドルシュートは枠を捉えきれず。

36分、チアゴのパスを受けたミュラーが角度の無い所からシュートを狙うが枠を捉えられない。

40分、チアゴのパスをグリーンが落とし、再びボールを受けたチアゴがシュート。わずかにゴール右に外れる。

41分、ゴーール! ジュリアン・グリーンがミュラーのセンタリングに頭で合わせ追加点。

45分、フンメルスのシュートは、ヒッツのファインセーブに阻まれ、追加点ならず。

後半ハイライト

47分、チアゴのロングシュートは枠を外れる。

48分、エリア内でフンメルスがファールをしてしまい、アウグスブルクにPKが与えられる。

48分、ク・ジャチョルがPKを蹴るが、ノイアーがセーブ。こぼれたボールをバイアーが押し込もうとするもシュートはゴール左に外れる。

56分、タイグルがエリア内でボールを腕に当ててしまいPK。

57分、ミュラーがPKを蹴るがゴール上に外れる。

60分、素早いカウンターからマックスが中央にセンタリングをあげるが、中で待つチ・ドンウォンにはわずかに合わない。

64分、ミュラーが20m付近からシュートもヒッツがセーブ。

68分、チ・ドンウォンのシュートが決まり2-1

75分、コールが20m付近からシュートもノイアーが危なげなく対処。

79分、ミュラーがペナルティーエリアに入った辺りからシュートを狙うがヒッツがセーブ。

88分、チアゴのシュートは惜しくもゴール左に外れる。

90+1分、ゴーール! 交代出場したアラバがペナルティーエリア左の角あたりから左足を振り抜き3-1に。

FCバイエルン vs. アウグスブルク 3-12-0

FCB

ノイアー – ラーム、 ボアテング、フンメルス(81分バドシュトゥーバー) 、 ベルナト – キミッヒ 、 チアゴ、 サンチェス(84分ビダル) – ミュラー、グリーン(89分アラバ)、コマン

控え

ウルライヒ、アロンソ、ロッベン、レヴァンドフスキ

FCA

ヒッツ – タイグル(61分シュミット)、ヤンカー、ヒンターエッガー、スタフィリディス - カチャル - コール(86分ギュンター=シュミット)、バイアー - ク(77分アルトゥントップ)、マックス- チ

控え

ゲリオス、モラヴェク、フェルハーフェン、フォイルナー

主審

シュテッゲマン(ニーダーカッセル)

観客数

73,500人(完売)

ゴール

1-0 ラーム(2分)、2-0 グリーン(41分)、2-1チ(68分)3-1アラバ(90+1分)

イエローカード

- / バイアー、コール

その他

ノイアーがク・ジャチョルのPKをストップ(48分)、ミュラーがPK失敗(57分)