presented by
Menu
ポストに嫌われた試合

バイエルンとホッフェンハイムが勝点1を分け合う

 惜しい試合だった。ここ最近5連勝と絶好調だったFCバイエルンが、インターナショナルウィーク前の試合を引き分けで終えた。頂上決戦となった対ホッフェンハイム戦のスコアは1-1(前半1-1)。これにより暫定的に首位の座をキープしたバイエルンだが、2位のRBライプツィッヒが明日6日(日)の試合で勝利すると、勝点で追いつかれることになる。

 16分、ケレム・デミルバイがアリアンツ・アレーナ75,000人の観客の前でホッフェンハイムに先制点をもたらす。しかし、ハーフタイム前にホッフェンハイムのシュティーヴン・ツーバー(34分)がオウンゴールをし、バイエルンが同点に追いつく。試合終了間際にはポスト直撃の惜しいシーンも演出したバイエルンだが、決めきることができずに勝利を逃した。

スターティングメンバー

 2-1で勝利したアイントフォーヘン戦から4日後、アンチェロッティ監督は先発メンバーを4名入れ替えてきた。主将フィリップ・ラーム、ダヴィデ・アラバ、ヨスア・キミッヒ、トーマス・ミュラーがベンチスタートとなり、ラフィーニャ、ファン・ベルナト、チアゴ、ダグラス・コスタが先発メンバーに起用された。

試合経過 

 1位  vs. 3位 ― 間違いなく面白い内容のゲームになることが予想されていたこのカードは、今季まだ無敗のホッフェンハイムが序盤からまさにその成績に相応しいパフォーマンスを引き出し、期待通りの白熱した展開を迎える。ホッフェンハイムは、早めのプレスでバイエルンの組み立てを阻止しにかかり、相手陣内深くまで押し込んでパスコースを塞ぐ。したがってバイエルンは、ディフェンスラインからのロングボールを強要され、そのパスもほとんどがインターセプトされてしまっていた。

 バイエルンは序盤、明らかに苦戦を強いられ、唯一ロッベン(7分)とラフィーニャ(14分)のシュートがホッフェンハイムゴールを脅かしていた。すると16分、この試合最初のシュートを放ったデミルベイに先制点を許す。失点後バイエルンはプレスを強めるが、20分のチアゴの決定機を除いては、チャンスらしいチャンスを作ることが出来なかった。

 ホッフェンハイムは戦術通りバイエルンにプレッシャーをかけ続け、バイエルンの選手を自陣ペナルティーエリアから遠ざける。しばらくホッフェンハイムゴールに迫れないバイエルンだが34分、ロッベンとコスタの連係でボールをホッフェンハイムのゴール前に運んだ。そしてコスタの折り返しを、ツーバーが足を伸ばしてクリアを試みるもオウンゴールしてしまう。前半はそのまま1-1で終了した。

 後半からは明らかにバイエルンが攻勢に出るが、決定的なチャンスを作り出すまでは時間がかかる。一方のホッフェンハイムは賢く守り、常に攻撃を仕掛けてバイエルンゴールを脅かしていた。そして試合終盤、バイエルンはミュラーとコマンをピッチに送り込み、攻撃のギアを上げ全力でゴールを奪いにいく。しかし、フンメルス(87分)とミュラー(90分)のシュートはゴールポストに嫌われ、決勝点を決めきることができずに試合終了を迎えた。

前半ハイライト

7分:ロッベンがレヴァンドフスキからのパスをダイレクトでシュートするが、ゴールマウス上に外れる。

14分:レヴァンドフスキのスルーパスに反応したラフィーニャが、右サイドペナルティエリア内でシュートを放つがGKバウマンに防がれ、CKへ。

16分:左サイドからアミリが、中央に走り込んできたデミルバイにパスを送る。デミルバイがそのまま左足でダイレクトシュートを放ち、バイエルンのゴールネットを揺らす。0-1

19分:ルディーがミドルシューを放つが、ノイアーがしっかりセーブする。

20分:左サイドからコスタがクロスを送る。GKバウマンがキャッチミスをし、こぼれ球がチアゴの目の前に転がるが、良い体勢でシュートを放つことができず、バウマンがキャッチする。

34分:ゴール! ロッベンが相手ペナルティーエリア手前でパスを受けコスタへパス。コスタがダイレクトで折り返したクロスをDFツーバーがオウンゴール。バイエルンが同点に追いつく。1-1

後半ハイライト

66分:ロッベンが左サイドからグラウンダーのクロスを送り、レヴァンドフスキが左足のヒールで逸らしチアゴに送るが、DFにカットされる。

76分:アロンソが直接FKを狙うが、シュートはゴールマウス上に外れる。

80分:コスタが左サイドからクロスを送り、ミュラーがフリーでヘディングシュートを放つがGKバウマンの正面。

87分:スルーパスに抜け出したミュラーがフンメルスにパス。フンメルスがダイレクトで右足を振り抜くが左ポストに嫌われる。

92分:左サイドからコスタがクロスを送り、逆サイドに走り込んで来たコマンがゴール前でフリーのミュラーに頭で落とし、ミュラーが左足でシュートを放つが右ゴールポストに当たる。

FCバイエルン対ホッフェンハイム 1-1(前半1-1)
FCB

ノイアー – ラフィーニャ、ボアテング(82分アラバ)、フンメルス、ベルナト – チアゴ、アロンソ、ビダル(69分ミュラー) – ロッベン(78分コスタ)、レヴァンドフスキ、コスタ

控え ウルライヒ、ラーム、、キミッヒ、サンチェス、
TSG バウマン- ズーレ、ヴォグト、ヒュープナー (46分ビチャクチッチ)– カデラベク、ルディー、ツーバー、アミリ(57分ルップ)、デミルバイ – クラマリッチ(71分ヴァルガス)、ヴァークナー
控え シュトルツ、トリアン、ポランスキ、サライ
主審 マルクス・シュミット(シュツットガルト)
観客数 75,000人(完売)
ゴール

0-1ケレム・デミルバイ(16分)、1-1ツーバー(34分/オウンゴール)

イエローカード - /ルディー、ビチャクチッチ