presented by
Menu
ウリ・ヘーネス

“マイスター獲得が最優先”

バイエルン・マネジャーのウリ・ヘーネスとのライブチャット(FCB.tv)には600以上の質問が飛び交い、再び大好評だった。時にはじっと堪え、そして時には笑顔と55歳は30分の間出来るかぎりの質問に答えた。fcbayern.deは興味深いコメントをまとめてみた。

ウリ・ヘーネス:

・・・バイエルン・マネジャーとしての将来: “私の契約は2009年の年末まで、というとあと2年あるということ。その後はフロントの人事異動があるといわれている。全て成行き任せになるところがあるが、明らかになっているのは2009年まではマネージャーとしてやるということ。それ以後はどうなるか分からないね。”

・・・今シーズンのタイトル目標: “一つははっきりしている: 絶対にドイツマイスターになることだ。昨シーズンはタイトルなしで終わっているから、マイスターのタイトルはとくに欲しいね。”

・・・マネージャー職に重圧とストレス: “シーズン始めのようにチームがいい試合をしたり、自分のした仕事に自信が持てたりしているときは特に問題ないよ。だけど逆に全てがうまく回らないようなことがあればもちろんそのときは簡単に事が進まないんだ。どの職業にもきっとうまくいかないときがある、これに対してしっかり立ち向かわないといけないんだよね。(チームについて)ここまではとてもうまくいっているよ。”

・・・他のクラブのマネージャー: “しっかりした仕事ができるマネージャーが多いと思うんだ。だけどマネージャーの役割も本当に幅広いからどの部分でしっかりできているかがまたクエッションだよね。ブレーメンのクラウス・アロフスは本当に素晴らしい仕事をしているし、シャルケのアンドレアス・ミュラーも若いのによくやっている。私の弟もここ数年ベルリンでいい仕事をしたと思うよ。シュトゥットガルトのホルスト・ヘルトは就任一年目からチームをドイツマイスターに導いたからね。我々には若い世代に有望な人がいるよ。”

・・・欧州選手権のグループ抽選: “楽なグループに入ったと思われがちだけど、もう一度じっくり考えてみると以下のような問題がこのグループリーグにはあるんだ: 誰もがドイツは一つ抜き出ていると言っているよね、だけどポーランドそれにクロアチアは予選で非常に良いプレーをしていたし、今のところ評判が低いオーストリアもそこまで悪いサッカーをしていないんだ。そう考えるとドイツが本命馬だとしても、楽なグループではないよ。ドイツが余裕をもって予選通過すると誰もが計算しているから、もし一試合でも勝てないとなると重圧が相当かかると思っている。代表がとても良いチームなことは確かなこと、だけど最強ではないからね。”

・・・マルベラで冬季キャンプ:
“ドバイの人は当然のことながらFCバイエルンが来ることを楽しみにしていたという感じが我々にはあるんだ。彼らは我々が1月4日にトーナメント戦に参加することも望んでいた、だが我々はそれに参加するつもりはないんだ。今シーズン我々は経済面云々よりもチームの事を優先して、マルベラに行くことに決めたんだ。トレーニング場も宿舎から500メートルと近く、トレーニングだけをして、親善試合もするつもりはない。我々は今シーズンをどれだけ本気で捉えているかということをはっきり示し、後期リーグに向けてコンディションをしっかり整えるためにできる限りのことをするよ。”

・・・欧州カップを戦ったブンデスリーガチームの戦況:
“ドイツのチームは最初の難しい状況を乗り越えて、安定してきたと思う。将来的に4、5チームが欧州カップで戦うことになれば、ここ数年に比べると大きな進歩だよね。私はブレーメンとシャルケが欧州CLで勝ち進みことを願っているんだ。というのはUEFAランキングポイントを集めることができるからね。あとは彼らが水曜にいつも難戦することを望んでいる、これはマイスターを賭けた戦いではとても重要になってくる。というのはもしマイスター争いのライバルチームが水曜に強敵相手にフルメンバーで戦えないとなれば、(欧州CLでは)致命的なものだからね。”

・・・FCバイエルンとともに大きな目標を叶える:
“クラブサッカーではもっとも大事なタイトル、欧州CL制覇をもちろん達成したいと思っている。強豪と渡り合うには今年大投資したチームのなかで一つ、二つのポジションを強化しなければならないと思っている。このタイトルをもう1度獲得するということは我々にとっては経済的にも特別な意味をもっているよ。そうすると欧州CLのタイトル獲得の価値は石油会社から数十億ユーロを得て経営されているチームよりもよっぽど大きいからね。”

・・・フランク・リベリーの悪さ:
“彼はまだ私には悪さをした事ないんだけど、それに対しては(もしあったとしても)抵抗はないよ。フランクはとても楽しい奴で、彼が早くチームに馴染んだことを喜んでいる。彼については全てのことを計算に入れておかないといけないんだ。例えば、スーツケースを忘れていたり、歯磨き粉をどこかにつけていたりとね。全てが彼のキャラクターなんだ。”

・・・マルク・ファン・ボンメル:
“個人的にはバルセロナからとても良い選手を獲得したと思っている。彼はチームリーダー、それに公の場で発言する選手としても期待に十分応えているよ。彼はまだ1年半契約があるが、我々は早い時期に契約について彼と話をすると思う。私としては彼と契約を延長したい、だって彼はFCバイエルンの顔だからね。”