presented by
Menu
2年契約

ハンス=ヨルク・ブット、FCバイエルンへ移籍

FCバイエルン、No.2GKを獲得- ドイツレコードマイスターは水曜、ポルトガル1部リーガのベンフィカ・リスボンに所属していたハンス=ヨルク・ブットと2010年6月30日までの2年契約で合意した。34歳GKは移籍金なしでFCバイエルンに加入する。

バイエルン代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲは「この補強にとても満足している。ハンス=ヨルク・ブットの国際経験が我々の要求と一致した」と説明。「ハンス=ヨルク・ブットは特に若いGKミヒャエル・レンジングの成長をサポートしてくれるだろう、彼はFCバイエルン・ミュンヘンでの任務を楽しみにしている。」

2人目の移籍金なしでの新加入選手

ブットはこれにより1年間ポルトガルでプレーした後に再びブンデスリーガに戻ってくる。1997年から2007年までハンブルガーSVとバイヤー・レヴァークーゼンで324試合出場を果たし、P.Kを26得点決めた。代表戦3試合出場およびW杯2位にも輝いている。

昨シーズンにブットはポルトガルの古豪ベンフィカに移籍、しかしチームは4位でシーズンを終え、彼自身もリーガ1試合出場に留まった。ブットは水曜朝、ベンフィカと2009年6月30日まで残る契約を早期に解除することで合意。ヴェルダー・ブレーメンのティム・ボロウスキに次いでブットは2人目の移籍金なしでの新加入選手となる。

ヨーロッパカップ49試合出場

ブットはバイヤー・レヴァークーゼンとともに2001/02シーズンの欧州CL決勝でレアル・マドリードと対戦し、1:2と敗れた。彼は通算でヨーロッパカップ49試合出場と(欧州CL37試合、UEFAカップ12試合)FCバイエルンの来季の任務のために必要な国際経験を十分に積んでいる。