presented by
Menu
「とてもいい結果」

準決勝第1戦のコメント

無失点で1:0と勝利 - オリンピック・リヨンとの準決勝第1戦に勝利した後、FCバイエルンサイドはとても満足していた。カール=ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長は、「これはとてもいい結果」とまとめた。ルイス・ファン・ハール監督もチームの結果とパフォーマンスに「とても満足している。われわれの強さをヨーロッパ全体に再び示すことができたと考えている。」


コメント一覧:

カール=ハインツ・ルンメニゲ:「これはとてもいい結果、というのはわれわれはリヨンでも得点を決めることができる能力があるからね。とてもすばらしい後半だった。ロッベンはすばらしいプレイヤー。われわれは彼がいることを喜ぶことができる。」

ルイス・ファン・ハール:「1:0 - これはとてもいい結果、とても満足している。われわれの強さをヨーロッパ全体に再び示すことができたと考えている。数的不利でもゲームを制して、多くのチャンスを作りだした。われわれは全体的に多くのチャンスがあった、だけど一得点しか奪えなかった。リベリーが退場したときには、われわれが1:0で勝てるとは考えもしなかった。だけど、あれはレッドカードではなかったと考えている。もしかすると主審はリベリーがリサンドロの足に長いこといたから、レッドと考えていたのかもしれない、だけど力を加えていたわけではない。出場停止が一試合だけになることを望んでいる。」

フィリップ・ラーム:「僕たちのゲームは全体的にとてもとても良かった。ボールを自陣でキープすることができた。今日は、11人であろうが10人であろうが規律を守ることが大切だった。自分たちはコンパクトにして、相手にうまく寄せていた。これは攻撃時にいいクオリティを持つ相手と対戦するときには大切なこと。ファイナル進出にいいチャンスがある。」

クロード・ピュエル(リヨン監督):「目標としていたアウェーゴールを決めることができなかった、だから第2戦は難しくなるだろう。われわれはまた一人欠場者を抱えてプレーしなければならない。バイエルンはボール奪取に長けていて、ボールをうまく動かしていた。われわれは全体的にボールを多く失っていた。残念なことにわれわれは長い間、数的有利でプレーできなかった。」