presented by
Menu
ファン、リベリーを選出

バイエルンのベストゴール

FCB.tvユーザーは4週間かけて回顧に浸り、超一流のゴールを満喫し、ベストゴールを選出した。1965年のブンデスリーガ昇格後、フランク・リベリーが最もすばらしいゴールを決めた。

2008年4月27日の得点。フランス人はVfBシュトゥットガルトとのホームゲームで左サイドをドリブル突破、中に切り返してゴール手前約30メートルから豪快に蹴り込んだ – ボールはゴール右隅に吸い込まれた。ウリ・ヘーネスは当時、「3点目は信じられなかった。普通の人間はあの角度からシュートを打たない。そして、彼がやってみせたことは...信じられない」と4:1と勝利したシュトゥットガルト戦のリベリーのゴールに驚いていた。

リベリー、エウベルとルンメニゲを上回る

リベリーのドリームゴールはFCB.tvユーザーから19%を獲得して1位。ジオバンニ・エウベルのロストック戦のコーナーフラッグからのシュートが2位(1990年2月27日/8.4%)およびカール=ハインツ・ルンメニゲのボーフム戦のアクロバチックなゴール(1980年10月18日/7.7%)が続いた。全部で20ゴールが選考対象となった。