presented by
Menu
コメント

ハインケス「本物の難しい相手」

バイエルンは、マンチェスター・ユナイテッドと並び最多タイとなる、チャンピオンズリーグ通算12度目の準々決勝進出となった。15日今大会の準々決勝組み合わせ抽選会が行われ、FCバイエルンの次の対戦相手は強豪ユベントスに決まった。ユップ・ハインケスは「本物の難しい相手だ。現在イタリアで最高のチーム」と話した。

コメント

カール・ハインツ・ルンメニゲ「最高の組み合わせではない。(対ユベントスでは)様々な経験をしている。前回は4-1で勝つことができた。準決勝進出を果たすためには、いい二日間が必要になる。簡単な相手ではない。警戒している」

ユップ・ハインケス「ユベントスの強さはよくわかっている。今イタリアで最高のチームで、素晴らしい新スタジアムを手にしている。本物の難しい相手だ。守備が非常に堅固で、オフェンシブでも大きなクオリティを持っている。素晴らしいサッカーの祭典になる。最終的に相手を上回れることを祈っているが、拮抗とした試合になりそうだ」

バスティアン・シュバインシュタイガー「ユベントスはとにかくとてもいいチーム。それに凄くハードにプレーするチームだ。アンドレア・ピルロのようなエクセレントな選手がいる。過去のどの対戦も難しいものだった。特にかれらの戦術理解は素晴らしい」

マヌエル・ノイアー「ユベントスは偉大なクラブ。イタリアクラブはどこも非常に組織だっていることはわかっている。それでも僕らには勝ち残るチャンスはしっかりとある。この2試合を楽しみにしているし、ホームで始められるのを喜ばしく思っている」

アリエン・ロッベン「前回ユベントスに4-1で勝利した試合は、シーズンすべての流れを変える大きなゲームになった。でも彼らは当時よりも格段に良くなっている。とても安定しているし、フィジカルレベルも高い。非常に困難なゲームになる。アンドレアス・ピルロはあの年でも、まだ世界で最も優れた選手の一人だ」

トニー・クロース「ユベントスは昨シーズンのCL優勝チームをグループリーグで破ってきている。バルセロナの次に嫌な対戦相手だ。勝ち進むには最高の2日間が必要だ。ホームを無失点で勝利するのが理想的。(レバークーゼンで同僚だった)アルトゥーロ・ビダルはユベントスでトッププレーヤーになった」