presented by
Menu
インタビュー

ファン・ブイテン「むずむずする」

12月9日(火)夜、チャンピオンズリーグCSKAモスクワ戦に向けたFCBバイエルンの最終調整を見学したダニエル・ファン・ブイテンは、足がむずむずするのを隠しきれなかった。fcbayern.deに対し「一緒にプレーしたくなる」と、5か月前に現役を引退したばかりのファン・ブイテンは語った。

ベルギー代表としてW杯ベスト8へ進出し、その輝かしいキャリアを有終の美で飾ったファン・ブイテン。FCバイエルンでプレーした8年間(2006年‐2014年)で、彼はFIFAクラブW杯とCL優勝を経験し、ブンデスリーガとDFBポカールの2冠を4回成し遂げた。

現在家族とブリュッセル近郊に住むファン・ブイテンは、12月10日(水)夜に行われるCLモスクワ戦で、公式にFCバイエルンと別れを告げることになる。fcbayern.deとのインタビューで、“バイエルン・ファミリー“や新生活について語ってくれた。

ダニエル・ファン・ブイテンとのインタビュー

fcbayern.deお帰りなさい、ダニエル!かつてのチームメイトのトレーニングを見学するのはどんな気分?
ファン・ブイテン:こうして敷地やトレーニング場、チームメイトたちを眺めるのはおかしな感じだよ。皆の5対2の練習を見ていると、一緒にプレーしたくなる。これはきっと、10年経っても変わらないだろう。でも時は過ぎるものだし、新しい生活も始めている。そのうち慣れるだろう。

fcbayern.de週末にはバイエルンのクリスマスパーティーに出席しましたね。
ファン・ブイテン:かつてのチームメイトや監督とゆっくり話せてよかった。FCバイエルンというチームはひとつの家族だと、改めて感じたよ。それは僕がミュンヘンに来たばかりの頃からよく言われていることだけど、今、身をもって実感している。ここに来ることは毎回楽しみだ。この家族は僕にとって、今でもとても大切だよ。

fcbayern.deCLモスクワ戦前、正式に引退式を行いますが。
ファン・ブイテン:チームがそのような提案をしてくれてとても嬉しい。ここでプレーした8年間、素晴らしい瞬間はいくつもあった。もう一度ファンの前に出て、お別れを言えることは嬉しいよ。きっと素敵なものになるだろう。

fcbayern.deアリアンツ・アレーナを訪れるのは夏以来ですか?
ファン・ブイテン:その通りだ。TVではバイエルンの試合をたくさん見たけれど、スタジアムには行っていない。だから楽しみだよ。わくわくするに違いない。ロッカールームにもちょっと顔を出すかもしれない。

fcbayern.de現在の生活はどうですか。楽しんでいますか?
ファン・ブイテン:いいや、まだすることがたくさんあるんだ。妻にはよく『サッカー選手だった時よりも、今の方が忙しそうね』と言われるよ。

fcbayern.de具体的にはどんなことを?
ファン・ブイテン:今までよりもたくさんのプロジェクトに関われるようになったんだが、例えば今、僕は不動産業に従事している。そしてベルギーの才能ある若者のためのプロジェクトにも。これには本当に時間が必要だ。その上過去数ヶ月間にも様々なオファーがあった。とりあえず全て話を聞くことにしているが、性急に決めたくはない。

fcbayern.de現在の生活で、スポーツはどんな意味を持っていますか?
ファン・ブイテン:2、3日おきに走っているよ。それなしにはやっていけない。

インタビュー:ニコラウス・ハインドル