presented by
Menu
インサイド

大盛況のトレーニングセンター

休日で閑散とするはずの水曜日、FCバイエルンのトレーニングセンターにはフィリップ・ラームをはじめ、クラウディオ・ピサーロやホルガー・バドシュトゥーバーなど回復期の選手たちが姿を現し、理学療法やリハビリメニューをこなした。ジェローム・ボアテング、ラフィーニャ、そしてバイエルン2軍のGKイヴァン・ルチッチも自主トレに汗を流したが、気温2度の寒さの中、芝の上だけでトレーニングをしようという者はさすがにいなかった。

バイエルンの14選手、『FourFourTwoランク入り

ワールドカップ、ブンデスリーガ、そしてDFBポカールの制覇。2014年は、FCバイエルンの選手たちにとって栄冠に輝く一年となった。獲得したトロフィーの数々と素晴らしい成績を収めているリーグ前半戦のおかげで、選手たちはドイツ国内だけでなく、国際的にも高い評価を得ている。イギリスのサッカー雑誌『FourFourTwo』の発表したランキングによると、14人の所属選手が世界の優秀選手100人に選ばれたバイエルンは、世界で最も多くの優秀選手がランクインしたクラブチームとなる。主将のフィリップ・ラームはクリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシに挟まれて2位にランクイン。4位のマヌエル・ノイアー、10位のアリエン・ロッベンと共に計3名のバイエルン選手がトップ10 入りしている。その他の選手のランクは以下の通り:トーマス・ミュラー(13位)、ロベルト・レヴァンドフスキ(21位)、バスティアン・シュヴァインシュタイガー(22位)、マリオ・ゲッツェ(25位)、フランク・リベリー(31位)、ジェローム・ボアテング(41位)、シャビ・アロンソ(43位)、ダヴィド・アラバ(46位)、ハヴィエル・マルティネス(74位)、ダンテ(77位)、メフディ・ベナティア(91位)。

FCB.tvのハイライト、YouTubeで公開中

FCバイエルン公式YouTubeチャンネルの再生リストFCB Classics では毎週火曜日の午後、特別な映像がアップロードされる。公開されているのはFCB.tvの過去13年の選りすぐりの映像で、例えばトーマス・ミュラーのプロ初ゴールやゼ・ロベルトの素晴らしいトリックプレー、またはフランク・リベリーがオリヴァー・カーンに仕掛けたイタズラなどが収められている。過去の劇的なシーンや感動を甦らせるFCB Classics、一度覗いてみてはいかが?