presented by
Menu
インサイド

ノイアーがシャルケを賞賛―サンチェスは軽い風邪

 8-0の大勝利を収めたハンブルガーSV戦を既に過去のものとしたバイエルンは、月曜日の午前中にDFBポカールのFCシャルケ04戦(3月1日20時45分、日本時間翌日4時45分)の準備を開始した。マヌエル・ノイアーはFC Bayern.tv Newsにて、「シャルケは最近好調で、良いパフォーマンスを出している。僕たちは最近ホームでシャルケと対戦したばかりだ。難しい試合になるだろうと予測していたが、今回のポカール戦も同じだろう」とコメントした。監督カルロ・アンチェロッティは、水曜日の再戦で先週末とほとんど同じメンバーを起用することができる。ただ、レナト・サンチェスは軽い風邪を引いたためにこの日のトレーニングに姿を見せなかった。

FCBユースカップ、初めてシンガポールで開催

 6回目の開催となる今年、FCバイエルン・ユースカップで初めてシンガポール大会が行われることになった。4月8日と9日にシンガポール工科デザイン大学の敷地内で行われ、14歳から16歳の10人で構成された32チームが7対7の試合を行う。同大会にはFCバイエルンのブランド大使であるハサン・サリハミジッチが出席し、同氏により参加者の中から最も優秀な選手10人が選ばれる。この10人はシンガポール代表として、2017年5月にミュンヘンで行われるユースカップ決勝に出場することになる。

ヨンカーが再びブンデスリーガに

 懐かしい顔がドイツに帰ってきた! かつてFCバイエルンのアシスタントコーチと暫定監督を務めたアンドリース・ヨンカーが、VfLヴォルフスブルクの新監督に就任した。54歳のオランダ人である同氏は、ヴォルフスブルク前監督で元FCB選手ヴァレリアン・イスマエルの後任となる。ヨンカーはVfLと2018年までの契約にサインを済ませた。ヨンカーは最近まで、バイエルンのCLラウンド16の対戦相手であるアーセナルFCのユースチーム監督を務めていた。

News