presented by
Menu
月曜日にベスト16の抽選会

CL、FCバイエルン次の対戦相手は?

 チャンピオンズリーグのグループステージは終結し、FCバイエルンとファン達は抽選会に期待の目を向けている。スイス、ニヨンに位置するUEFA本部は12月11日(月)にベスト16の組み合わせ抽選会を開催する。ドイツのレコードマイスターであるバイエルンは、パリ・サンジェルマンに次ぐ2位でグループBから決勝トーナメントに進んだが、昨シーズン同様に難しい戦いになるだろう。

 バイエルンのスポーツディレクターであるハサン・サリハミジッチは「グループステージで1位であろうと2位であろうと全て同じことだ。我々も他にチームにとって楽な対戦相手ではない。しかしグループステージの戦いを観る限り、簡単ではないだろう」と発言した。そしてディフェンダーの二クラス・ズーレは、「もしかしたら僕たちの抽選結果はラッキーなものになるかもしれない。DFBポカールではこれまで幸運な組み合わせとはいかなかったから、チャンピオンズリーグでは運に恵まれるかもね。しかしベスト16に残ったチームにはもう易しい相手などいない」と自身の意見を話した。

 FCバイエルン以外にドイツのチームはベスト16に残っていない。そのため、PSGを除いた7つ全てのグループリーグ首位チームが、2013年CL優勝を果たしたバイエルンのラウンド16での対戦相手になりうる。この7チームのうち4チームがイギリスのプレミアリーグのクラブであり、その他はスペイン、イタリア、トルコのクラブだ。

 CL決勝トーナメントの常連であるFCバルセロナは、ユベントスを抑えてグループ1位通過を決めた。FCバルセロナは14大会連続で最低でもベスト16に進んでいる。これに対して、誰もが驚いているのはベシクタシュ・イスタンブールのベスト16進出だ。同トルコリーグ覇者はFCポルトとRBライプツィヒ相手に明らかな勝利を収め、初めてグループステージ突破を果たした。

 最終節でベスト16進出を勝ち取ったのはASローマだ。同チームは2014‐15シーズンのグループステージでFCBが戦った相手で、グループステージ最終節で勝ち、チェルシーと勝点同数で並んだが、そのチェルシーFCとの直接対決でより多くの勝点を獲得しているため、グループステージ1位となった。

 一方で、その他のイギリスのクラブは4つ全てがグループステージ1位で決勝トーナメントへと進んだ。その上、マンチェスター・ユナイテッド(2位FCバーゼル)、マンチェスター・シティ(2位シャフタール・ドネツク)、トッテナム・ホットスパー(前回王者のレアル・マドリード、ボルシア・ドルトムントを抜き1位)は最終節を前に既にグループステージ1位通過を決定していた。

 残りのリヴァプールFCは、12月6日夜に決勝ラウンド最後の1枠を手にした。昨夏に行われたアウディ・カップでFCBを3‐0で打ち負かしたリヴァプールは、スパルタク・モスクワに7‐0で圧勝しグループステージ優勝を確実なものとした。ラウンド16のファーストレグは2018年2月13、14日または20、21日に開催され、セカンド・レグは3月6、7日または13、14日に行われる。

News