presented by
Search Fill-1
Menu
「彼の活躍を楽しみにしている」

エルナンデスの手術は成功 - ミュンヘンでリハビリ

Increase font size Text size

 今夏FCバイエルン選手となるリュカ・エルナンデスが27日(水)に右膝の手術を行い、無事に成功した。28日(木)にニコ・コヴァチは「手術は我々のドクターたちが予想していた通りにとても、とても順調に進んだ」と明らかにした。同フランス代表選手は現在アトレティコ・マドリードに所属しているが、「我々のドクターと物理療法士のもと、リハビリはミュンヘンで実施される」と、同FCB指揮官が続けて話した。 

 23歳の同選手の契約成立について「喜んでいる」と満足感を示したFCB監督ニコ・コヴァチは「我々は彼の活躍を楽しみにしており、彼を獲得できて非常に嬉しいよ。 彼は異なる多くのポジションでプレーでき、とても良いメンタリティーを併せ持っている。そして何より間違いなくチームを強化してくるだろう。しかし彼の加入は今年7月1日からだ」とコメント。負傷した膝への不可欠な手術を終えたエルナンデスについて、コヴァチは「すべてが最適な形で進めば」同フランス人選手が来シーズン開幕戦でCBまたは左SBで出場可能だと予期している。

News