presented by
Search Fill-1
Menu
ノルトライン=ヴェストファーレン州連帯基金財団名誉賞

FCバイエルンの社会活動に表彰

Increase font size Text size

 FCバイエルンは11月16日(土)晩、ノルトライン=ヴェストファーレン州の連帯基金財団の名誉賞を受賞した。「この賞はFCバイエルンの活動に対する評価であり、我々の支援を今後も続け、拡大していく励みとなる」と挨拶した代表取締役社長のカール=ハインツ・ルンメニゲは、「子どもと大人のための支援は、タイトル争いよりも重要だ」と強調した。同賞の審査員はドイツマイスターFCBの「際立って優れた社会活動」を受賞理由に挙げた。

 ボルシア・ドルトムント会長のラインハルト・ラウバルはカストロプ=ラウクセルで行われた授賞式のスピーチで、「社会活動においても、ドイツマイスターのバイエルンはチャンピオンズ・リーグレベルだ」とFCBを称えた。バイエルンは社団法人FCバイエルン・ヒルフェでの活動が評価され、今回の受賞に至った。

 社団法人FCバイエルン・ヒルフェは罪なく困難な状況にある人々を経済的に支援し、特に教育支援の促進のために必要な物資の調達を行っている。

News