presented by
Search Fill-1
Menu
診断結果

トリッソとボアテングは軽傷

Increase font size Text size

 1-2で敗北した7日(土)のボルシア・メンヒェングラードバッハ戦で負傷交代を強いられたコランタン・トリッソとジェローム・ボアテングが翌日ミュンヘンで精密検査を行い、FCバイエルンのメディカルチームは両選手ともに軽傷という診断結果を下した:トリッソは左足大腿部の神経系筋肉硬化、ボアテングは左脹脛の神経系筋肉硬化。

ボルシア・メンヒェングラードバッハ戦で負傷した
コランタン・トリッソ。

 

News