presented by
Search Fill-1
Menu
1-2のトップゲームにて

トリッソとボアテングが負傷交代

Increase font size Text size

 まるで1-2の敗北だけでは足りないかのように、監督ハンジ・フリックはボルシア・メンヒェングラードバッハ戦で2回も負傷による交代を余儀なくされた。前半の半ばにコランタン・トリッソが対戦相手との接触なしに太腿に痛みを覚え、それ以降はプレーできなくなってしまった。同選手に代わって、後に得点者となるイヴァン・ペリシッチが20分にピッチに立った。

コランタン・トリッソはボルシア・メンヒェングラードバッハ戦で相手選手との接触なしに負傷した。

 更に後半にはジェローム・ボアテングも交代となり、フリックは守備陣を組み立てなおす必要に迫られた。フリックは「ボアテングは既にハーフタイム中に問題があった。彼は後半もプレーを試みたが、最終的に我々は交代しなければならなかった」と説明した。31歳の同CBは68分にハビ・マルティネスと交代している。

News