presented by
Search Fill-1
Menu
ドーハ合宿でハーフタイム

ゴレツカ「とても集中的に練習している」

Increase font size Text size

 ドーハ合宿でのハーフタイム:FCバイエルンはカタールで既に7度の集中的なトレーニングを終えた。選手の脚は重くなったため、ハンジ・フリック監督はドーハ合宿4日目となる7日(火)は午前中約60分間の練習だけを行なった。

追走のためのフィットネス向上

 レオン・ゴレツカは今日の練習を「今日僕らは少し負荷を落とした」と総括した。同トレーニングでFCB選手たちはロンドと複数のストレッチメニューを終えた後に休息する時間を得た。24歳のゴレツカは「 今休むことは正しいタイミングだと思う。僕らはここ数日間とても集中的にトレーニングをして、まずはフィットネスレベルを一段階上げたよ」と話した。

休息の時間:7日(火)午前にFCバイエルンは短時間での練習を行なった。

 ゴレツカとその他の選手はこの厳しい練習を好意的に受け止めている:「この合宿ではシーズン後半戦に向けての(フィジカル的)構造を形成する」とゴレツカがコメント – そしてFCBは残りの今季で追走開始を狙い、現在FCBはリーグ首位RBライプツィヒと勝点4を無くすkことを目指している。同MF選手は「僕らの前にいる全チームと戦う必要があるんだ。これは極めて現実的で明白な僕らの目標だ」と意気込んで語った。

合宿でのハーフタイム 

 今年最高のスタートを切る準備をするため、今後のドーハ合宿でFCバイエルンは「戦術的の細かい部分」を突き詰めていく。だがその前にハンジ・フリックは選手たちに午後のオフを与えた。ゴレツカは既に予定を決めていた:「僕はプールでリラックスして、本を読むつもりだ」と同選手は明かし、ここ数日間は「大きな活動」をするには疲労が溜まり過ぎていた。

ドーハ合宿の写真👇🏻

News