presented by
Search Fill-1
Menu
プレスリリース

FCバイエルンがシーズン終了までの期限付きでアルバロ・オドリオソラを獲得

Increase font size Text size

 FCバイエルン・ミュンヘンはスペイン絶対王者のレアル・マドリードと、アルバロ・オドリオソラの今季終了までの期限付き移籍に合意した。24歳の同右SBはにミュンヘンでのメディカルチェックを受けた後、契約書へのサインを行なった。同選手は今日からチームトレーニングに参加する。

 FCバイエルン・ミュンヘン株式会社代表取締役のカール=ハインツ・ルンメニゲは「内部における協議の結果、我々は守備の強化を望むハンジ・フリック監督の要望に応え、アルバロ・オドリオソラの補強で共に決断に至った。この補強を非常に喜んでおり、レアル・マドリードの役員に対し、友好的な話し合いに謝意を述べたい」と語った。

 

 スポーツディレクターのハサン・サリハミジッチもまた「我々はアルバロ・オドリオソラが自身の有するクオリティを発揮し、チームの助けになることを確信している。彼のようなサイドバックを見つけられたことを非常に喜んでいる」とコメント。

 アルバロ・オドリオソラは2018年夏に故郷サン・セバスティアンのレアル・ソシエダからマドリードへと移籍、移籍初年度にレアルと共にFIFAクラブワールドカップを制覇した。同選手はスペイン代表としてこれまで4試合に出場、1ゴールを記録している。

新加入のアルバロ・オドリオソラについて👇🏻

News