presented by
Search Fill-1
Menu
31歳の誕生日

イヴァン・ペリシッチ:アシストとゴール

Increase font size Text size

 イヴァン・ペリシッチが夏にFCバイエルンへ移籍を果たした時、同選手には多くの目標があった。その1つはチャンピオンズリーグでの得点数を増やすことだ。2011年9月に初ゴールを挙げて以来、当時ペリシッチはチャンピオンズリーグでゴールを記録していなかった。2月2日(日)に31歳の誕生日を迎えた同選手は、10月に行われたfcbayern.comのインタビューで「近いうちにバイエルンでそれを変えられることを願っている」と語っていた。

 そして第4節がやって来た。ホームで行われたオリンピアコスFC戦でペリシッチがゴールを奪い、最終スコアを2-0とした。2018年W杯で準優勝したクロアチア代表の同選手は、至近距離から力強いシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。

そのペリシッチのゴールの動画はこちら:

 バイエルンの背番号14番が歓声を巻き起こしたのは、この1度だけではない。これまでFCBで公式戦22試合に出場したペリシッチは、既に5回得点者リストにその名が載ったほか、8アシストを記録している。そして前々節ヘルタBSC戦と前節シャルケ戦で素晴らしいプレーを見せ、FCバイエルンの首位奪還に大きく貢献した。

土曜日のマインツ戦で3-1の勝利を挙げたFCバイエルンはリーグ首位に返り咲き、自信をもって今後の重要な試合に臨む:

News