presented by
Search Fill-1
Menu
  1. ニュース一覧
  2. FCバイエルンがミュンヘンの”Mia Gehen Online!”を支援
  • ニュース一覧
  • FCバイエルンがミュンヘンの”Mia Gehen Online!”を支援
デジタルによる救援アクション

FCバイエルンがミュンヘンの”Mia Gehen Online!”を支援

Increase font size Text size

 FCバイエルンはミュンヘン市とReDIスクール・ミュンヘン、UnternehmerTUMが設立したデジタル上の救援アクション“Mir Gehen Online!”に参加する。この運動の目的は、コロナ・パンデミックによって窮地に陥ったミュンヘンの小企業のデジタル化 ― 例えばデジタルコミュニケーションやオンライン注文システムの導入 ― を無料相談によって支援することだ。

オリヴァー・カーンの挨拶でスタート

 FCバイエルン株式会社取締のオリヴァー・カーンは4月1日(水)、デジタルイベントの開会を宣言することになっている。参加企業はこのイベントで、商品をオンラインでも提供するために最適な解決策を専門家と共に24時間以内に考案する。

 これについてカーンは、「この困難な時期に、ミュンヘンの人々と企業や組織は一致団結しなければならない。FCバイエルンはミュンヘンのコミュニティーの一部だ。そのため、この運動を支援することは我々にとって当然だ。ミュンヘンの小企業のためにデジタルによる解決策を開発することは、この危機的状況において大変価値のある貢献だ」との考えを示した。

専門家と物品寄付

 既にFCバイエルン・デジタル・キャンパスFCバイエルンHackDaysを共に行ってきた今回の運動の主催者と共に、FCBも今日2020年3月30日(月)の現地時間18時まで、デジタル専門家と小企業の両側の参加者を募集する。ソーシャルメディア・チャンネルやウェブサイト、モバイルアプリを通じてデジタル上でファンと毎月10億以上のコンタクトがあるFCバイエルン自らも、ソーシャルメディアとデジタルブランディングの分野の専門家として参加する。またFCBは今シーズンのユニフォームFCバイエルンのゲームセットを、参加するデジタル専門家へのお礼に提供する。

 ミュンヘン市労働経済局のクレメンス・バウムゲルトナーは「代替の収入源を開拓するために、小企業やレストランがすみやかに“オンライン”にならなければいけないことはすぐに明らかになった。この難しい時期にミュンヘンの小売商店やレストラン、バー、美容院、その他のサービス業を素早く助けるために、我々のパートナーであるReDIスクールやUnternehmerTUMだけでなく、FCバイエルン・ミュンヘンも我々を支援してくれることを嬉しく思う」と述べた。

 このプロジェクト“Mir gehen online!“に関する全情報と申し込みはこちらのリンクから:www.miagehnonline.de

News