presented by
Search Fill-1
Menu
「私の人生の試合」

ロイ・マカーイがアヤックス・アムステルダムを打ち負かす

Increase font size Text size

 ロイ・マカーイ(イラスト : サラ・マトシェフスキー)は2003年から2007年までの間FCバイエルンにおいて合計183試合に出場し、現在45歳のオランダ人は当時103ゴールという伝説的な記録を残した。ゴールファントムの愛称で親しまれた彼の本名はルドルフ・アントン・“ロイ”・マカーイ、彼にとって2004-2005シーズンはバイエルンで過ごした4年間の中で最高のシーズンだった。彼は2004-2005シーズンの公式戦で34ゴールを決め、その内7ゴールはチャンピオンズリーグで決めた。2度ドイツ王者に輝いた彼の最も記憶に残る試合は、FCバイエルンメンバー会員雑誌51の会話中から蘇る : 2004年9月28日に当時のホームスタジアムであるミュンヘン・オリンピックスタジアムで行われたチャンピオンズリーグ・グループステージの対アヤックス・アムステルダム戦だ。

ロイ・マカーイ 「人生の試合」

 歓喜する多くの理由。同郷人との対決でマカーイは躍動した。アヤックスのキャプテンであったラファエル・ファン・デル・ファートは、マカーイの後ろで不快な表情を浮かべる。

 「私の人生の試合を選ぶのは全く簡単ではない。しかし強いて選ぶとすれば、4-0で勝利したチャンピオンズリーグ・グループステージのアヤックス・アムステルダム戦だね。私はまず3ゴールを決めた – FCB選手時代で達成した唯一のハットトリック – そしてゼ・ロベルトのアシストから4点目を奪った」

マカーイが素晴らしいゴールで試合を動かす

バーン!マカーイがゴールから25mの位置で右足を振り抜いて、ボールをゴールに突き刺した。ヨニー・ハイティンハの守備は間に合わず。

 「あの先制ゴールは多分FCバイエルン選手時代に決めた中で最も美しいゴールだったね。オーウェン・ハーグリーヴスのロングパスを受けて2、3ステップ後に右足を振り抜いた。ゴールから25m離れた位置からだったけどボールをゴールに突き刺したよ。2点目はコーナーキックからヘディングでファーサイドのゴール隅に流し込んだ、3点目はPKだったね」

母国チームとの対戦

大活躍した母国チームのアヤックス戦後にマカーイはオランダの伝統的同クラブのユニフォームを纏った。

 「当然私にとっては特別な試合でもあった。アヤックス戦だったからだよ。2000年にオランダを離れて以来最初の母国チームとの試合だった。当時の同勝利はとても重要だったんだ。フェリックス・マガト政権下の初年度でその当時はブンデスリーガで4位だった」

2冠達成

2004-5シーズンでマカーイはFCBと共に2冠達成。翌年も同2冠を果たした。

 「同シーズン終了時にチームはリーグ優勝とポカール優勝を成し遂げ、その翌年にはドイツチームでは初めて2季連続2冠を達成したんだ。当時のチャンピオンズリーグでは残念ながらベスト8以上には進出できなかった。それでも私は当時を振り返るのが好きだよ」

 

News