presented by
Search Fill-1
Menu
膝の関節包負傷後

レロイ・サネがチーム練習に復帰

Increase font size Text size

 今季チャンピオンズリーグ初戦となったアトレティコ・マドリード戦で素晴らしいパフォーマンスをしたFCバイエルンはその数時間に朗報を得た。レロイ・サネが22日(木)に再びチーム練習に復帰したのだ。同新加入選手は9月末に膝の関節包を負傷していた。

スプリント、試合形式、シュート練習 - サネが全力でメニューを消化

 22日(木)午前、サネはゼーベナー通りの練習場で昨夜のアトレティコ・マドリード戦で先発出場しなかった選手たちと一緒にトレーニングを行なった。ウォーミングアップと複数の集中的なスプリント後、試合形式のトレーニングが実施された。サネは同練習で再び素早い動きと力強いシュートで印象を残していた。その象徴としたプレーが試合形式の練習で見ることができた: 俊敏な体の動きで同攻撃選手は相手選手を置き去りにし、ジョシュア・ツィルクツェーにパスを送った。そして迅速なアクションでペナルティーエリア内に入ってボールを受け取ってシュートを放った。

クローゼと自主練習

 今日の練習後にFCバイエルン監督ハンジ・フリックと短い会話をしたサネは自主練習に取り組んだ:アシスタントコーチのミロスラフ・クローゼの指導のもと、同ドイツ代表選手はシュート練習に励んだ。

ニアンズは個別練習、先発出場した選手たちはリカバリーメニュー

 22日(木)午前、大腿部の怪我を負っていたタンギ・ニアンズは引き続きサブグランドで個別基礎トレーニング、昨夜のアトレティコ・マドリード戦に先発出場した選手たちはリカバリーメニューを行なった。

 23日(金)には既にアイントラハト・フランクフルト戦前日練習となる。同リーグ戦でもFCバイエルンはここ数日間の強力なパフォーマンスを発揮し、公式戦6連勝を飾りたいと望んでいる。

ヨズア・キミッヒは昨夜のアトレティコ・マドリード戦で素晴らしいパフォーマンスを披露した:

News