presented by
Search Fill-1
Menu
「我々はハッピーだ」

日曜日の練習:大勝したケルン戦後の良い雰囲気

Increase font size Text size

 5-1で大勝した1.FCケルン戦翌朝、快晴の中FCバイエルンはゼーベナー通りに姿を現した。同試合に先発出場しなかった10名の選手で構成された小グループは28日(日)気持ち良く汗を流した。

リーグ首位争いの勝点差は変わらず

 2位RBライプツィヒが昨夜のボルシア・メンヒェングラードバッハ戦終了間際に決勝点を奪って白星(3-2)を飾ったため、FCバイエルンはリーグ戦での勝点差を広げることが出来なかったが、28日(日)の練習の良い雰囲気が損なわれなかった。ケルン戦の試合結果が続けば、ハンジ・フリックとFCBチームは首位争いライバルチームの勝点取りこぼしを願う必要はない。

5-1で勝利したケルン戦終盤で2得点を奪ったニャブリが試合を決めた。

 しかしFCバイエルンはセルジュ・ニャブリが言った様に圧倒した同勝利の中でゲストチームがスコアを2-1にした「不安定な時間帯」を乗り切る必要があったことを認める必要があった。27日(土)にドッペルパックを奪ったニャブリは「もちろん相手に一切のチャンスを与えないとは決して言えない。でも僕らはそういった局面を減らす必要があるそうすれば僕らはまた強くなれる」と同試合後に説明した。

BVBとのデア・クラシカー前の1週間は練習に集中

 フリックはまた同試合後に「1つ、2つの事柄」が気に入ってはいないことを明確にしたが、次週の間に疑念に思う欠陥部分を修正するための十分な時間があると確信していた。56歳の同指揮官は「ケルン戦を分析し、火曜日に取り組むと同時にチームにそれを伝える」と言った。29日(月)オフの翌日からFCバイエルンは大一番となる来週末のボルシア・ドルトムント戦の準備を開始する。

ケルン戦64分にセルジュ・ニャブリと共に途中出場したトーマス・ミュラーがすぐに結果を残す。

 ケルン戦で途中出場して実戦復帰したニャブリは2得点を奪い、トーマス・ミュラーは1得点をアシストした。両者は再び先発メンバー入り候補に入るだろう。フリックは「我々には両選手を通常の状態に戻す時間が1週間ある。両選手があの様に良い感じに活躍して我々はハッピーだ」と言い、同2選手のパフォーマンスに喜んだ。同印象は28日(日)の練習でより一層濃くなった:練習最後の5対5のミニゲームで多くの得点が生まれた – ミュラーとニャブリはチームメイトにゴールを奪う気持ちの多さを示した。

1.FCケルン戦後のコメント:

News