presented by
Search Fill-1
Menu
悲報

FCBがアツェ・ゲプハルトの死を追悼

Increase font size Text size

 FCバイエルン・ミュンヘンはミュンヘンで亡くなったヴォルフガング・"アツェ"・ゲプハルト(65歳)の死を追悼する。ゲプハルトは1986年から20年以上プロチーム部門理学療法士としてFCBで活躍した。ゲプハルトはフレディ・ビンダーとクラブDr.ハンス=ヴィルヘルム・ミュラー=ヴォルファルトとチームを組み、先駆的な仕事を行なった。同故人は数十年間、全選手から最高の尊敬の念を集めて、多くの選手の中でも特に現在取締役役員メンバーであるオリヴァー・カーン、ハサン・サリハミジッチ、監督ハンジ・フリックも現役時代にゲプハルトの仕事の質に頼っていた。2007年から2015年まではジュニアチームスタッフの一員として働いていた。

会長ヘルベルト・ハイナー:「FCバイエルンは妻レジーナ、2人の娘、アツェ・ゲプハルトの親戚と共に同故人の死去に追悼の意を表す。 FCバイエルンのようなビッグクラブは常に脚光を浴びない場所でも最善を尽くすアツェの様な人々との協働で機能する。それがあるから我々は共に成功を祝うことが出来るんだ。我々全員、特に選手はアツェの様な人材がいかに重要な存在か理解している。アツェ・ゲプハルトは常にFCバイエルンファミリーの大事な一部であり続ける」

FCバイエルン・ミュンヘン株式会社代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲ:「我々はアツェ・ゲプハルトを非常に恋しく思うだろう。彼の専門的かつ人間的なクオリティーは、アツェ自身を同クラブの特別に重要な一員にした。我々全員は彼のいつも面白くて陽気な言動に感謝し、選手たちは常に彼の最高の治療に信頼を寄せていた。アツェはバイエルンの根底だ。個人的に彼は月曜日に行なっていたスタッフサッカーの試合に欠かせない存在として記憶の中に留まる。アツェ・ゲプハルトの様な人々がいなければ、FCバイエルンは歴史の中で1つか2つのタイトルを獲得していなかっただろう」

 アツェ・ゲプハルトはカーン、サリハミジッチ、フリックに加えてFCB往年の歴代名選手の治療を行なった:ローター・マテウス、クラウス・アウゲンハーラー、フィリップ・ラーム、バスティアン・シュヴァインシュタイガー、トーマス・ミュラー。同故人はFCB名将ウド・ラテック、ユップ・ハインケス、フランツ・ベッケンバウアー、オット・レーハーゲル、ジョヴァンニ・トラパットーニ、オットマー・ヒッツフェルト、フェリクス・マガトの下でも仕事を全うした。FCバイエルンプロチーム在籍時にアツェはブンデスリーガ(11回)、DFBポカール(5回)、チャンピオンズリーグ、UEFAカップ、インターコンチネンタルカップ優勝に貢献した。

News