presented by
Search Fill-1
Menu
9年後の別れ

FCバイエルンとの別れ ― ムーチャス・グラシアス、ハビ・マルティネス!

Increase font size Text size

 栄光に満ちた9年を共に過ごしたFCバイエルンとハビ・マルティネスが、お互いに心からの感謝と共に別れを告げることになった。クラブと同選手は6月30日までの契約を延長しないことで円満に合意に至った。同スペイン人選手は2012年にドイツ歴代王者バイエルンに加入し、すぐにチームの支えとなった。マルティネスにとってFCBで初めてのシーズンにバイエルンはクラブ史上初の三冠に輝き、その偉業を昨年夏にもう一度達成すると歴史的な6タイトル獲得を成し遂げた。32歳のマルティネスはバイエルンに移籍して以降全シーズンでリーグ優勝を果たした上、UEFAスーパーカップとクラブW杯でそれぞれ2回、DFBポカールで5回、DFLスーパーカップで4回チャンピオンに輝いた。ハビ・マルティネスはダヴィド・アラバジェローム・ボアテング、監督ハンジ・フリックと同様にFCバイエルンでのその素晴らしい業績を称えられ、今季終了後にFCBとは別の道を進むことになる。

ハビ・マルティネス:「9年もの間FCバイエルン・ファミリーの一員でいられてとても誇りに思うし、幸せだ。この素晴らしいクラブと、特に僕たちのファンに感謝したい ― 君たちがミュンヘンを僕の故郷にした!この9年間を決して忘れないよ。既に1日目に『ミア・サン・ミア』とFCバイエルンの特別さを感じた。僕はこのクラブに生きて、常にこのクラブのために全力を尽くしたし、僕たちが共に数多くのタイトルを獲得できたことはとても幸せだ。FCバイエルンとそのファンは常に僕のハートに留まりつづけるだろう。ムーチャス・グラシアス、ダンケ・シェーン、ゼアヴス ― また会おう!」

会長ヘルベルト・ハイナー:「ハビ・マルティネスはFCバイエルンが重視する価値を明確に示す人物の1人だ:世界的にトップレベルの選手が、彼のように我々のクラブと同一視するなら、一緒に偉大なことを成し遂げられる。ハビはすぐに我々の一員となったが、彼と共に祝ってきた信じられないほど多くの成功がそれを証明している。ハビ・マルティネスは常にこのクラブの歴史の特別な場所を占めることだろう。彼の未来に幸運を祈っている!」

代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲ:「2012年夏のハビ・マルティネス獲得は難しい決断だった。なぜなら、当時4千万ユーロという金額は我々にとって史上最高額だったからだ。だがこれは正しい決断だった:ハビは我々のチームにプレー面で大きなクオリティーをもたらし、人間としても常にとても良い形で我々に合っていた。彼が我々と共に獲得した多くのタイトルのうちハイライトと言えるのは、もちろんチャンピオンズリーグでの2回の優勝だろう:2013年の決勝ボルシア・ドルトムント戦と2020年のパリ・サンジェルマン戦。UEFAスーパーカップの2013年決勝チェルシー戦と2020年決勝セビージャ戦での終了間際のゴールも忘れられない。ハビには極めて美しく、成功に満ちた時間を感謝したい。ハビ、どうか元気で ― 君はいつまでもFCバイエルン・ファミリーの一員だ!」

取締役オリヴァー・カーン:「FCバイエルンはハビ・マルティネスと共に、そして彼のおかげで大変大きな成功を祝うことができた。ハビは9年にわたって、その間に歴史的な偉業を成し遂げたチームの重要な支柱だった。これまで毎年ドイツマイスターとなり、チャンピオンズリーグで2回優勝し、三冠も2回達成した。更にUEFAス―パーカップ決勝で2度にわたって重要なゴールを挙げた ― これらはハイライトに過ぎない、まったく感銘深い。ムーチャス・グラシアス、ハビ!」

スポーツ取締役ハサン・サリハミジッチ:「ハビは9年間FCバイエルンの大変重要な選手であり、ピッチ上のみならず、ロッカールームやクラブのその他の環境において重要な選手だった。その成功の列挙は他に類を見ないものだ。特に2013年チャンピオンズリーグ決勝のようなビッグマッチにおいて、彼は違いを生み出す選手だった。フレキシブルに起用可能で、チームのために貢献し、常に全力を投じた。FCバイエルン・ファミリーには常にハビのための場所があったし、それは今後も変わらない」

News