presented by
Search Fill-1
Menu
オリンピック・ショッピングセンターの人種差別的な襲撃事件から5年

ヘルベルト・ハイナーがFCB代表として追悼の意を表明

Increase font size Text size

 FCバイエルンは連帯性を示すため、ヘルベルト・ハイナー会長のを通じて、ミュンヘン・オリンピック・ショッピングセンター(OEZ)での人種差別的な襲撃事件の追悼式典に参加した。FCBは追悼花で犠牲者の親類に深い同情を表明し、犠牲者を追悼した。ちょうど5年前に9人の若者が命を落とし、5人が負傷。ミュンヘン市長ディーター・ライター市長とバイエルン首相マルクス・ゼーダー首相も同追悼式典に参加した。

 FCバイエルン会長ヘルベルト・ハイナー:「多くのミュンヘン市民同様に、2016年7月22日と9人の罪のない死者を出したオリンピア・ショッピングセンターでの人種差別的な襲撃は今日まで私の記憶に深く残っている。だからこそ今日、FCバイエルンはミュンヘン市社会と共に一旦足を止めて、犠牲者とその家族に想いを馳せることが不可欠であり、当然のことだと私は考えている。同時にこの様な追悼の意は人種差別とその酷い影響に対抗するために可能なすべてをするための警告と勧告であるべきだ。FCバイエルンは特に『レイシズムにレッドカード』 イニシアチブで人種差別反対を支持している」

『レイシズムにレッドカード』の詳細はこちら:

News