presented by
Menu
U-19選抜相手に5-0

カタールで宇佐美貴史が大爆発

カタールでのトレーニングキャンプの締めくくりとして、FCバイエルンは ASPIRE AcademyのU-19選抜相手に日曜午後に三度目のテストマッチを行った。前後半合わせて60分のこの試合では、昨日のアル・アハリ戦にまったく(ほとんど)出場していない選手が起用され、FCBは5-0と大勝している。

つまり、フランク・リベリーやマリオ・ゴメスもこの試合に出場しているのだ。ゴメスは足指の間接を痛めていたが、またプレーに復帰できている。

さて、試合はFCBが圧倒的に有利な状況が続くものの、それでも堂々と向かってくるう-19選抜のゴールをこじ開けることができない。得点のチャンスは幾度も訪れたが、FCBはこれを活かせずにいた。ニルス・ペテルセン(8、17分)、リベリー(11分)、ゴメス(18分)、そしてダニエル・プラニッチ(26分)がそれぞれ好機を逃してしまい、先制点が生まれない歯がゆい展開が続いた。

しかし、後半に入ってからは、何と宇佐美貴史が5得点(38、41、43、48、57分)を決め、あっという間に試合が決まる。小さな体で大きな成果を挙げた宇佐美は、「ミュンヘンでの生活はすごく気に入ってるけど、もうちょっと試合に出場したいね。」とこの試合前に話していたところだ。もちろん、これだけの成績を出せば今後出場機会も増えるかもしれない。

また、キャンプに同行していた若手選手のエムレ・シャンもこの試合の後半、ゴメスに代わって投入され、デビューを飾っている。


ASPIRE Academy U-19 - FCバイエルン 0-5(0-0)
ASPIRE Academy U-19
FCバイエルン ブット - ラフィーニャ、ブレーノ、グスタボ、コンテント - 宇佐美、アラバ、プラニッチ、リベリー - ペテルセン、ゴメス(43分、シャン)
ゴール: 0-1 宇佐美(38分)、 0-2 宇佐美(41分)、 0-3 宇佐美(43分)、0-4 宇佐美(48分)、 0-5 宇佐美(57分)