presented by
Menu
コマンとレヴィーがゴール

ヴォルフスブルク相手に2-0!FCBが順当な勝利を収める

 今日の主役が自らの手で最高のプレゼントを勝ち取った。土曜日に設立から116回目の誕生日を迎えたFCバイエルンが、VfLヴォルフスブルク戦で順当ながら価値ある勝利を手にしたのだ。リーグ戦準優勝者、そしてポカール優勝者であるヴォルフスブルクを、バイエルンは激戦の末2-0(0-0)で下した。ゴールを決めたのは、キングスレイ・コマン(66分)とロベルト・レヴァンドフスキ(74分)。

 完売のフォルクスワーゲン・アレーナで3万人の観客が見守る中、両チームはしばらく互角の戦いを繰り広げた。後半に入るとバイエルンは、それまでの優勢をチャンスに結びつけ始め、8分間で立て続けに2得点を奪う。これによりバイエルンは、順位表でのリードを一時的にではあるが11に広げた。

スターティングメンバー

 負傷中のホルガー・バドシュトゥーバー、ジェローム・ボアテング、ハヴィ・マルティネスと累積警告で出場停止のラフィーニャを除いて、フルメンバーを携えたペップ・グアルディオラ。トリノでの消耗戦(2-2)の4日後ではあったが、カタルーニャ出身の同監督は多くのメンバーを入れ替えることをしなかった。唯一アルトゥーロ・ビダルとチアゴが一息つく事を許され、代わりにシャビ・アロンソとコマンがチームに加わった。一方、ヴォルフスブルクのディーター・ヘッキング監督は、1-1に終わった前週のヘルタBSC戦と同じメンバーで挑んだ。

試合経過

 記録上だけでなく、集中した攻撃力で試合に取りかかるバイエルン。FCBはピッチの上でも相手にプレッシャーをかけ、サイドチェンジを繰り返してヴォルフスブルクの動きを封じた。しかし前半に訪れたバイエルン最大のチャンスは、ヴォルフスブルクのナウドにクリアされるという結果に終わった(11分)。また、闘志を燃やすホームのヴォルフスブルクも15分が経過したあたりから勇敢さを増し、ハーフタイム直前にはマルセル・シェーファーに大きなチャンスが生まれる場面もあった(45分)。

 前半終盤には動きがあったものの、後半に入ると再び前半のような展開が続く。バイエルンが試合を掌握し、先制点を挙げるのも時間の問題のはずだった。しかし、レヴァンドフスキの正当なゴール(54分)は、マヌエル・グレーフェ率いる審判陣にオフサイドとして認められなかった。さらに数秒後のレヴァンドフスキのシュートは、不運にもバーを超えて得点には繋がらない(55分)。しかしその10分後、適地に赴いたバイエルンファンは、ようやくコマンのダイレクトボレーによる先制点に歓声を上げるに至った(66分)。

 このゴールでバイエルンはさらに勢いを増し、途中投入されたフランク・リベリーの活躍も相まって、益々FCBが相手のペナルティーエリア内でプレーする割合が増えていった。そして、徹底した攻撃努力が実を結ぶまで長くはかからなかった。先制点を奪ったわずか8分後、レヴァンドフスキが芸術的なアウトフロントキックで追加点を挙げたのだ(74分)。ここで、この強豪対決は決着した。バイエルンとファンにとって素晴らしい誕生日となった。

前半ハイライト

2分:コマンが相手ゴール左に鋭く切り込む。クロスは相手DFに弾かれるが、こぼれ球をコスタがシュート。しかしこれはライン上の相手DFがブロック。
8分:アラバからロングボールが入る。ラームが左足で振りぬくが、ボールを捉えきれず完璧なフィニッシュには持ち込めない。
11分:アロンソがFKから直接ゴールを狙う。しかしナウドが頭でクリア。
13分:またもアロンソが正面18mの距離からミドルシュート。惜しくもポストを右に逸れる。
19分:ドラクスラーのFKにクルーゼが頭で合わせるが、ノイアーが立ちはだかる。
26分:ロッベンのクロスを、ミュラーがダイレクトボレー。しかし相手GK正面。
31分:レヴァンドフスキからゴール前に素晴らしいクロスが入るが、中央のコマンがあと一歩届かず、相手GKのファインセーブに阻まれる。
32分:ヴォルフスブルクのカウンター。FCBゴール前にパスが通り、クルーゼとアラバが1対1に。クルーゼがフィニッシュに持ち込むが、ノイアーが危なげなくキャッチ。その後もグスタヴォがロングシュートで先制を狙うが、ノイアーの脅威にはならず。
40分:ナウドがFKから直接ゴールを狙う。しかしノイアーが胸元でしっかりキャッチ。
45分:ゴール前に入ったクロスをクルーゼが頭で落とし、シェーファーが至近距離から左足を振りぬく。しかしこれもノイアーがナイスクリア。

後半ハイライト

52分:ロドリゲスが距離のあるところからグラウンダーのシュートを放つも、ボールは大きく右に逸れる。
54分:バイエルンが決定的な先制チャンスを迎えるが、レヴァンドフスキのゴールはオフサイドの判定で認められず。
55分:ラーム、ミュラーと流れるようにボールを繋ぎ、最後はレヴァンドフスキがフィニッシュ。しかしシュートはわずかに精度を欠き、ボールはバーを越える。
64分:クルーゼがバイエルンゴールに急襲、中央に走りこんだドラクスラーにマイナスのクロスを入れる。ドラクスラーが強烈なボレーシュートを放つが、ノイアーがスーパーセーブ!
66分:バイエルンに待望の先制ゴール!!レヴァンドフスキのシュートは一度相手DFにクリアされるが、浮いたボールをコマンがダイレクトで枠に叩き込んだ。
74分:再びゴーーール!!バイエルン2点目!右深くに上がったコマンからのクロスをリベリーが胸で落とし、最後はレヴァンドフスキがゴールに突き刺した。
83分:クルーゼがゴール前約10mの距離で決定的チャンスを得る。しかしノイアーが素晴らしい反応を見せ、失点の危機を逃れる。