presented by
Search Fill-1
Menu
FIFA Club World Cup Semi-finals
Ahmed bin Ali Stadium, ar-Rayyan
Al Ahly SC
0 : 2
(0:1)
FCバイエルン・ミュンヘン
  • 17' Robert Lewandowski
  • 85' Robert Lewandowski
  • 17' Robert Lewandowski
  • 85' Robert Lewandowski
「次なる一歩を踏み出す」

バイエルンはクラブワールドカップ対アル・アハリ戦へ向け準備万端

Increase font size Text size

 FCバイエルンの歴史的快挙は射程距離内!ドイツ絶対王者はFIFAクラブワールドカップにおける1年内6つ目のタイトル獲得を目指す。これまでこの快挙を達成したのはFCバルセロナだけだ。日本時間9日(火曜日3時)、FCBはCAFチャンピオンズリーグ覇者であるエジプトのアル・アハリSCと相見える。前日リポートでは同対戦し関する知っているべき情報を紹介する。欧州を代表し参戦するFCBは「優勝候補として大会に臨む。その役割を果たしたいと思っている」とヨズア・キミッヒは目標を明確に掲げた。前日リポートでは同対戦に関する知っておくべき情報を紹介する。

 FIFAクラブワールドカップ準決勝対アル・アハリSC戦へ向けたFCバイエルンの最終調整の様子を収めたフォトギャラリー:

FCバイエルンの現在の状況

 クラブワールドカップまでの旅路は長く厳しいものだった。5日(金)の夜、アウェイ開催のブンデスリーガ対ヘルタBSCベルリン戦に1-0の辛勝を収めたバイエルンのドーハ到着は離陸許可が下りず、大幅に遅延し7日(日)の午後となった。だが準決勝のアル・アハリSC戦当日に26歳の誕生日を迎えるヨズア・キミッヒは、それを言い訳にするつもりは毛頭ない:「勿論最適とは言えない。でも機内では誰もがリラックスする機会を得た。そのため僕らはフレッシュな状態で試合へと臨むことになるだろう」と7日(日)の記者会見で中盤のダイナモは発言。監督のハンジ・フリックもまた、前向きな姿勢を崩さない:「チームは非常にプロフェッショナルに旅を終え、次の目標に取り組みたいと考えている」。ブンデスリーガ5連覇中のFCバイエルンは目下、FIFAクラブワールドカップ決勝進出に向け集中している。

対戦相手アル・アハリ

 アル・アハリSCは今回で6度目のクラブワールドカップ参戦となる(これまでの最高成績は2006年の3位)。昨季エジプトの絶対王者はFCバイエルン同様、国内リーグおよびカップ戦、またアフリカチャンピオンズリーグを制し3冠を達成。ピッツォ・モシマネ監督率いるチームは4日(木)開催のクラブワールドカップ準々決勝でカタール王者アル・ドゥハイルを1-0で下し、自信をつけてバイエルンとの1戦へ挑む:目下公式戦32試合で無敗を誇るアル・アハリSCは、試合へ向け高いモチベーションを保っている。「我々にとって重要な試合だ。ヨーロッパのチャンピオンズリーグ覇者との1戦だ。アル・アハリは明日、アフリカ全土を代表して戦う、良い試合を見せたい」とキャプテンを務めるGKのモハメド・エル・シェナウィは語った。  FCB監督のフリックは「試合巧者なアプローチを模索し、攻撃面では非常に変化に富んだプレーをするチームだ。センターバックも非常に攻撃的だ」と対戦相手を分析。「彼らが強いチームであることは分かっている、彼らはエジプトのFCバイエルンだ」とキミッヒもエジプトの三冠王者に対し警戒する。

 FCバイエルンの対戦相手に関する詳細:

アル・アハリ対バイエルン戦の人員状況

 トップチームの4選手がドーハ帯同を断念。レオン・ゴレツカハビ・マルティネスは、コロナ検査で陽性反応が出た為自主隔離を行なっている。タンギ・ニアンズ筋束断裂)とアレクサンダー・ニューベル足首の負傷)はミュンヘンでリハビリを続行する。それ以外は全選手が起用可能となっており、7日(日)の最終調整にも全選手が参加した。

 アル・アハリSCは膝の負傷によりクラブワールドカップへの参加を断念した攻撃的MFワリード・ソリマンを欠く。ディフェンダーのバドル・ベヌンとモハメド・ハニ、攻撃的MFのフセイン・エル・シャハットは準々決勝前に怪我を負ったものの既にアル・デュハイル戦に出場、そのためバイエルン戦には出場可能だろうと目されている。

監督コメント

ハンジ・フリック:「5つのタイトルを手にしたが、それでもチームとコーチ陣の次なる一歩を踏み出す気概が伝わってくる。成功はプロセスであり、誰もがそれに関わっている。我々はこの大会をどうしても戦いたいと望んだ。当然ながら我々の目標はこのトーナメントでの優勝だ。ある程度の負荷が避けられにことは承知の上だ。だがモチベーションを持って臨み、6つ目のタイトルで素晴らしいシーズンを締めくくりたい」

ピッツォ・モシマネ(アル・アハリSC監督):「非常に難しい試合になるだろうが、我々には時ランド進出が可能だ。我々はここまで戦い抜き、チャンピオンズリーグと準々決勝を制した。この旅を続けたい」

 準決勝のアル・アハリSC戦に関する重要な数字とデータ: