presented by
Menu
インタビュー: ゼ・ロベルト

「自分にとっては特別なゲーム」

ゼ・ロベルトは6年間、FCバイエルンでプレーすることになった。昨夏に彼の契約が満了した後、同35歳はバイエルンに別れを告げ、ハンブルガーSVに移籍。そこで彼はサッカー選手として、何度目かの春を体験している。経験そしてブラジル代表キャップ数84の実力をもつゼ・ロベルトのお陰もあり、ハンブルガーSVはリーガ第6節後、ブンデスリーガ首位を走る。レコードマイスターとの上位対決を前に、fcbayern.deはすでに今季3ゴールを決めたボールの魔術師と話しをしてみた。


インタビュー: ゼ・ロベルト

fcbayern.de: ゼ、3ヶ月以上ハンブルガーSVでプレーしているよね。この期間をまとめるとどう?
ゼ・ロベルト:「(ハンブルガーSVは)とてもよく、そしてとても堅実のあるクラブ。才能のある若い選手が多いとてもいいチームだね。今後のあるチームだと信じているんだ。」

fcbayern.de: そして、このチームにはクオリティーあるベテランがいるよね!
ゼ・ロベルト: (笑)「そうだね。フランク・ロストと自分がチーム最年長。若手とベテランがうまく混合していると思っているんだ。何人かのベテランが経験で若手をサポートしていくことは大切なんだ。」

fcbayern.de: オスナブリュックでのカップ戦、うまくいかなかったよね。PK戦の末にカップ戦敗退、敗因は何かな?
ゼ・ロベルト:「残念だけど負けたんだよね。このような形で負けることはもったいないこと。だけど、そういうこともあるんだ。今は前を見据えなければいけないんだ。できるだけ勝ち進みたかった大会が終わった。だけど、自分たちにはまだヨーロッパリーグそしてブンデスリーガがあるんだ。」

fcbayern.de: 土曜日は古巣クラブとの上位対決。すでに楽しみにしている?
ゼ・ロベルト:「とてもだよ。自分にとっては特別なゲーム。プレシーズンのときにT-Home-Cupですでにバイエルンとは対戦している、だけど公式戦は全く違うもの。そこにはフレンドリーマッチとは全く違う雰囲気があるんだ。FCバイエルンにいい思い出がたくさんあるから楽しみなんだ。6年間プレーして、8タイトルを奪取し、多くの友達がいる。すばらしい時だった。」

fcbayern.de: FCバイエルンは君たちを追っているところだけど、どう感じている?
ゼ・ロベルト:「われわれはまだ首位、ここ3試合あまりいいゲームができていなくても、首位を守るための自信は十分にあるよ。」

fcbayern.de: この一戦でプレーすることができるのかな?
ゼ・ロベルト:「そのことを望んでいる。オスナブリュック戦はふくらはぎに違和感があり、45分間しかプレーできなかった。だけど、今は大分良くなったと感じているんだ。金曜日にもう一度集中的に治療してもらい、土曜日までにはプレーできるようにしたいね。とてもプレーしたいんだ。」