presented by
Menu
南北対決のコメント

ヘーネス:「同点が正しかっただろう」

0:1で敗戦、2位の代わりに6位 – FCバイエルンは土曜夜、上位対決のハンブルクからがっかりして帰郷することになった。ウリ・ヘーネスは、「両チームのすばらしいゲームだった。もし同点だったならば、両チームとも満足することになっていた」とコメント。ルイス・ファン・ハール監督はこう述べた:「いいゲームをした、しかしチャンスを活かさなかった。これが問題だった。」


コメント一覧:

ウリ・ヘーネス:「HSVは終盤にゴールを決めて勝利した、しかし、私は彼らがわれわれよりも良かったとは思わない。試合の流れからいって、同点が正しいものだっただろう。両チームのすばらしいゲームだった。もし同点だったならば、両チームとも満足することになっていた。いいゲームをした、しかし2、3度のビッグチャンスを活かせなかった。」

ルイス・ファン・ハール:「ゴールを決めるものが勝つんだ。この一戦はトップゲームだった。われわれは多くの好機があった、が、ゴールを決められなかった。われわれはいい過程にいて、いいゲームをした、しかしチャンスを活かさなかった。これが問題だった。ハンブルクはトップチームだ。」

ダニエル・ファン・ボイテン:「0:0が内容に値する結果だったと考えている。予期した通りのトップゲームだったと思っている。HSVは強いチーム、われわれはいくらかチャンスがあった、しかし得点がなかった。試合終了前、1点決めることができていた、だけどミロはオフサイドポジションにいたんだ。」

フィリップ・ラーム:「敗戦を説明するのは難しい。全体的に得点機はあった、後半にもね。自分たちのゲームはそこまで悪くなかったと考えている、だけど前線への上がりが何かしら欠けていた。」

ブルーノ・ラッバディア(HSV監督):「チームは、水曜日のカップ戦でミスをしてしまったことを知っている、それに対してスーパーな回答だった。これはバイエルンのような強いチームとの対戦でいきてくるんだ。」