presented by
Menu
「単純にシュートを打たない」

フランス・ホエクの哲学

目にみえないが、フランス・ホエクはトレーニングのときに彼のGKを密接な糸で繋ぐ。彼はトレーニングマッチのときにもゴール横、後ろまたはゴール内に立つ。ときにはペナルティーエリア内に入り、ゴールエリア前およびPKスポットまで足を運ぶ。彼が自身とGKとの距離間を10、15m以上にすることはない。ホエクは全てをしっかりと観察して、すぐに指示をだすことができるように常にコンタクトをとる。この新GKコーチの密接な糸は彼のGKたちに歓迎されている。

トーマス・クラフトは、「全てに目をとおしている。だから彼は比較的、多くのことを話せる、指示やサポートをしてくれるんだ」と報告。同GKは新たな熱心なGKについて「とても親切で楽しい人」と描写した。ヨルク・ブットもホエクとの最初の数週間が過ぎた後、とても称賛した。「彼と個人的に一緒にできることを喜んでいる」と彼はコメント。

バイエルンの守護神にとってはキャリアの最盛期に全てが結びつく。「フランス・ホエクの哲学をプロとしてスタートしたときから知っている」とブットは語った、「当時、彼がエドウィン・ファン・デル・サールをアヤックスでどのように育てたのかをとても集中的に追求した。」これは90年代半ば、ホエクがアムステルダムで後のオランダ歴代最多出場選手をトレーニングしたときの始めだった、同GKは今日までモダンなGKとして知られている。

ホエクはGKに対するオランダのモダンな哲学をドイツレコードマイスターで伝えている。53歳は彼の仕事のベースとなった問いについて説明した:「FCバイエルンのゲームはGKから何を必要としているのか?」彼はレコードマイスターの試合を明確に分析した。FCバイエルンGKはどのぐらいシュート数を受けるのか?どのぐらいのクロスをキャッチしなければいけないのか?どのぐらいのバックパスを受けるのか?

これらの問いの答えがFCバイエルンGKへの要求となる。「バイエルン・ミュンヘンのGKはビルドアップにとても多く参加している」と彼は説明、「彼はサイドを変えるため、またはプレッシャーのかかる状況から逃れるためにバックパス時に使われる。」