presented by
Menu
マンシティー? ユーヴェ? パリ?

FCBのCL対戦相手、明日決定

30日(木)夜、FCバイエルン関係者の視線はモナコに集中することだろう。というのもモナコのグリマルディ・フォーラムでは午後6時より(ライヴティッカーおよびFCB.tvにて放送予定)今年のCLグループリーグの組み合わせ抽選会が行なわれるからだ。FCバイエルンは今年も欧州の8強が集う第1シードのポット1入り、グループステージではFCバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリード、FCアーセナル、FCポルト、ACミラノ、そしてディフェンディングチャンピオンのFCチェルシーとの対戦を免れることになった。

だが昨シーズン同様、レコルトマイスターが今年も死の組に入る可能性も残されている。例えばマンチェスター・シティー(第2シード)、ユヴェントス・トリノ(第3シード)、FCマラガ(第4シード)と同じグループに入るおそれがある。ほかにもシャフタール・ドネツク、オリンピアコス・ピレウス、パリ・サンジェルマン、ガラタサライ・イスタンブール等も、FCバイエルンの対戦相手の候補にあがっている。フランス王者モンペリエHSCとの対戦もあり得るし、マラガ同様初のCLグループステージ進出を果たしたデンマーク・チャンピオンのFCノアシェランと同組に入る可能性もある。

4つのポットに32チーム

チャンピオンズリーグ2012/13年シーズンの全ての参加チームが最終的に確定するのは、プレーオフマッチが全て終了する29日(水)夜。グループステージでは、今年も32チームが火花を散らすことになる。各チームは、過去5年間の戦績から算出されるUEFAランキングにもとづき、4つのポットに振り分けられる。

抽選会では、それぞれの組に、全てのポットから1チームずつ選出されるが、同じ国のチーム同士のグループステージでの対戦は回避される仕組みになっている。したがってFCバイエルンが、ドルトムント(第3シード)やシャルケ(第2シード)とグループステージで当たる可能性はゼロである。9月18・19日に開幕するグループステージを勝ち抜いた後、決勝戦まで勝ち進んだ2チームは、2013年5月25日にロンドンのウェンブリー・スタジアムで頂点をかけて争うことになる。

全参加チームをポットごとに紹介する:
第一ポット: FCバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド、FCチェルシー、FCバイエルン・ミュンヘン、レアル・マドリード、アーセナル・ロンドン、FCポルト、ACミラン

第二ポット:FCヴァレンシア、ベンフィカ・リスボン、シャフタール・ドネツク、ゼニト・サンクトペテルブルク、FCシャルケ04、マンチェスター・シティー、SCブラガ、ディナモ・キエフ

第三ポット:オリンピアコス・ピレウス、アヤックス・アムステルダ、RSCアンデルレヒト、ユヴェントス・トリノ、パリ・サンジェルマン、ガラタサライ・イスタンブール、スパルタク・モスクワ、リール

第四ポット:ボルシア・ドルトムント、バテ・ボリソフ、ディナモ・ザグレブ、FCマラガ、モンペリエ・エローSC、FSノアシェラン、CFRクルージュ、セルティック・グラスゴー