presented by
Menu
インタビュー:ザマー(第2部)

「まだ成長の余地がある」

昨日に続きお届けするfcbayern.deのインタビュー第2部では、マティアス・ザマーが今後改善すべき点、マリオ・ゴメスの復帰、ハビ・マルティネスの活躍などについて話している。

インタビュー:ザマー(第2部)

fcbayern.de:
土曜には1.FCニュルンベルクとのバイエルン・ダービーが控えていますが、この試合では何を期待されますか。
ザマー:「とにかく、選手たちが全員無事に代表戦から戻って来てくれることを願っている。代表戦が行われている間は選手たちに連絡が取れないため、私個人としては厄介な期間だと思っている。監督のユップ・ハインケスにも代表戦に向けたトレーニングの現状は知らされないし、すべてが(選手たちの)自己責任となる。土曜には難しい試合が組まれているにもかかわらずだ。」

fcbayern.de:シーズン前半終了時点で首位の座についているということはどの程度重要ですか。
ザマー:「われわれにとってはまったく重要ではないね!段階的な目標ですらない。」

fcbayern.de:ニュルンベルク戦を終えると、来週火曜にはこちらも重要なチャンピオンズリーグのFCバレンシア戦が控えていますが。
ザマー:「これらの大会は何としても分けて考えなければならない。土曜には絶対に誰もバレンシア戦のことを考えてはならない。頭の中から消し去る必要がある。」

fcbayern.de:現時点でのグループ内での位置関係についてはどう評価されますか。
ザマー:「まったく問題ないとは言い切れないね。だが、万が一の可能性に賭けるわけにはいかない。だから、バレンシア戦ではもちろん勝ちにいくつもりだ。」

fcbayern.de:強行日程が続きますが、年末に向けたラストスパートでエネルギー不足になるのではと心配されていますか。
ザマー:「先週土曜のフランクフルト戦ではしっかり走れていたが、直前にCL戦をこなしていたために少し元気なさげだった。やはり体力的にはきついものがあることは確かだ。だが、それでも選手たちの体力的コンディションは基本的に非常に良好だし、今シーズンはその点ではまったく大丈夫だろう。そして、もし敏捷さに欠けるようなことがあれば、まずはチームとしてコンパクトなプレーをするとともに、チームの中心選手らが存在感を示す必要があると考えている。つまり、フィリップ・ラーム、バスティアン・シュヴァインシュタイガー、マヌエル・ノイアーらがチームをまとめていく必要がある。」

fcbayern.de:では、この観点から見てフランクフルト戦の出来には満足されているということですか。
ザマー:「基本的にはそうだ。だが、まだ成長の余地がある。2-0という結果だけで満足してはいけない。フランクフルトにも何度か良いチャンスがあった。リール戦のように簡単にいかない試合でも、しっかり守備を固める必要があるし、もっとコンパクトに守備を行わなければいけない。これは監督からも選手たちに言われていることだ。」