presented by
Menu
27選手が参加

ドーハに到着

13日間の休暇で選手たちはリフレッシュすることができた。そしてまた日常業務に戻る日がやってきた。日曜日の14時24分、バイエルンの面々を乗せたルフトハンザ航空はドーハに到着。午後にはアスパイアアカデミーの施設で今年最初の練習が行われる。「入念に、集中して取り組まなければ」とスポーツディレクターのマティアス・ザマーは要求している。

バイエルンの2014年は最初の公式戦8試合のうち6試合がアウェー戦。「何が待ち受けているかが分かるというものだ」とザマー。カタール合宿には27人の選手が参加。怪我で離脱していたバスティアン・シュヴァインシュタイガー、アリエン・ロッベンの姿も見られる。

11月に足首のオペを受けたバスティアン・シュヴァインシュタイガーの回復具合は良好のようだ。ザマーは「早く良くなることを祈っている。ひょっとしたら2-3日のうちにチーム練習に合流できるかもしれない」と話す。ロッベンについてはまだわからない。「もう一度しっかりとどこまでできるのかを検査させる。一方ではこうも言える。けがの回復具合としては理想的だ」とザマーは説明した。

 

バドシュトゥーバーと3人の若手も同行

合宿にはホルガ―・バドシュトゥーバーも同行している。膝の十字靱帯の負傷からの回復のために、合宿地の環境を最大限に生かしたい。若手のユリアン・グリーン、アレッサンドロ・シェプル、イリィ・サラヒもカタールでアピールする機会を得ている。

カタールでは2つのテストマッチが行われる。1月9日(現地時間20時キックオフ)にドーハでスーダンチャンピオンのアル・メリクSCと、1月13日(現地時間18時キックオフ)にはクウェートでクウェートチャンピオンのクウェートSCと戦う。