presented by
Menu
インタビュー:マリオ・ゲッツェ

「僕のプレー自体には変化なし」

マリオ・ゲッツェは弱冠21歳にしてすでに3度ブンデスリーガ優勝を経験している。2度はドルトムントで、そしてFCバイエルン加入後の初シーズンもマイスターシャーレを獲得。その古巣ドルトムントとは今週の土曜、ベルリンでDFBカップの優勝をかけて戦うことになる。そんな中、fcbayern.deではゲッツェのインタビューをかいつまんでご紹介する。

インタビュー:マリオ・ゲッツェ

fcbayern.de:マリオ、初のFCバイエルン優勝セレモニーはどうだった?
ゲッツェ:「最高だよ!(市庁舎前の)マリエンプラッツからは離れたところに住んでるんだけど、土曜はいつも以上にすごい人だったね。市庁舎バルコニーからファンがたくさん集まってくれたのを見て、誰もが笑顔で一緒に優勝を祝えるなんて本当に最高」

fcbayern.de:ブンデスリーガが終了し、今度は古巣とのカップ戦に興奮してる?
ゲッツェ:「確かに個人的に特別な試合になると思う。僕にとって大舞台での最初の決勝になるわけだし、スタジアムの雰囲気も含めて試合を楽しみにしてるよ。もちろん、古巣の旧友に会えるのもね」

fcbayern.de:リーグ戦では最近ドルトムントに負けてるけど?
ゲッツェ:「カップ戦とリーグ戦は単純に比較できないよ。あのときはチャンピオンズリーグに集中してたし、今回はもっと勝算があると思ってる。僕らはいいチームだし、決勝でしっかり実力を出すことができれば、ドルトムントにとっても難しい試合になると思うよ」

fcbayern.de:バイエルン1年目を総評すると?
ゲッツェ:「早期優勝を決めたし、CLも準決勝進出を果たし、カップ戦でも決勝に進出。すごく満足できると思う。すごくいいシーズンだったし、誰もそれを否定できないよ。でも、ベルリンでも勝って有終の美を飾りたいね」

fcbayern.de:加入当初はドルトムントとのスタイルの違いに苦労した?
ゲッツェ:「そんなことないよ。スタイルはほんの少し変えるだけでよかったから。もちろん監督の哲学は違うけど、僕のプレー自体には変わりはないよ。とにかく、僕のプレーが求められてるのは同じだね」

fcbayern.de:ミュンヘンにも慣れてきた?
ゲッツェ:「もう、本当に最高だよ。イザール川も英国庭園もお気に入りだし、天気のいい日にはいつも外出が楽しくて仕方ないんだ。それに、弟との生活も楽しいよ」

fcbayern.de:DFBカップ戦のあとはW杯だけど…
ゲッツェ:「そうだね。開幕まであと数週間あるけど、今回は特にブラジルで開催だからそれだけで興奮するよ。すっごく楽しみ!」

fcbayern.de:ドイツは優勝候補に挙がってるけど?
ゲッツェ:「確かに万全の状態で臨めると思うよ。すごく暑いだろうけど、それはいい訳にはならないからね。しっかり順応できると思う。とにかく、ドイツのみんなに楽しんでもらえるような試合ができると思うよ」