presented by
Menu
FCB115周年

ルンメニゲ「これまでで最も安定したFCバイエルン」

115周年を迎えたFCバイエルンが、誇りを持ってその歴史を振り返るのには十分な理由がある。『バイエルン・マガジン』最新号に登場したカール=ハインツ・ルンメニゲはそう考えている。fcbayern.de は、ドイツ国内で最多優勝記録を持つ同クラブの発展と、その“大きな挑戦”について語ったFCB代表取締役社長ルンメニゲの 挨拶を公開した。「FCバイエルンは、今後もミュンヘン市のギージングの皆様、そして北京の皆様に感動を与え続けなければなりません」。

代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲの挨拶

親愛なるFCバイエルン・ミュンヘンのクラブ会員ならびにファンの皆様

本日、私たちはクラブの誕生日を祝うことができます。お誕生日おめでとう、FCバイエルン!ちょうど115年前にあたる1900年2月27日、初代会長フランツ・ジョンを含む11人のメンバーが、シュヴァービングのカフェ・ギゼラでFCバイエルンを設立しました。クラブ設立時のメンバーは、1世紀以上を経て当時の小さなサッカークラブが、現在のような形になるとは決して思い描くことができなかったでしょう。

115周年を迎えてFCバイエルンは、極めて壮健で、最高の状態にあると言えるのではないでしょうか。クラブは世界的なブランドに成長すると同時に、素晴らしい輸出商品にもなりました。今日、私たちが海外でバイエルン共和国のことを話すと、いつも3つのイメージを耳にします。それは、オクトーバーフェスト、ノイシュヴァーンシュタイン城、そしてバイエルン・ミュンヘンです。視野を広げて見れば、最も有名なバイエルンの伝説は間違いなくルードヴィヒ王と彼の子孫、フランツ皇帝ですが。

FCバイエルンの115周年――それは、誇りを持って祝福されるべき、波乱に満ちた栄光の歴史です。しかし、私たちが誇りに思っているのは獲得してきたタイトルだけでありません。この10年間でクラブがどのようにそれを成し遂げたのか、社会参加における成果、そして弱者への支援、それらすべてに誇りを持っています。

「ミア・サン・ミア(私たちは私たち)」という有名なスローガンがあります。ヴェストファーレンの選手として私は、この言葉が他のドイツの地域では少し尊大だと受け取られると知っています。この思い違いを、私はここで完全に払拭したいと思います。「ミア・サン・ミア」は尊大なのではなく、「私たちは繋がっている、私たちは自分たちの持つ価値を守る、私たちは自分たちの成功やバイエルンの生活観を誇りに思っている」ということを表しているのです。決して、他の地域よりも自分たちを持ち上げているのではないのです。 

私たちはよく、「今、クラブ史上最高のFCバイエルンを実感していますか?」と聞かれます。この質問に答えることはできません。今、史上最高のFCバイエルンだと言ってしまえば、過去の偉大なチームに対して不遜になるからです。誰が本気でゼップ・マイヤー、ゲオルグ・シュヴァルツェンベック、フランツ・ベッケンバウアー、ゲルト・ミュラーらと共にプレーした選手よりも良いサッカーをしている、と主張したいでしょうか。ここではどんな比較も的確ではありません。

ですが、私たちは今、これまでで最も安定したFCバイエルンを実感しています。私たちは過去2年間で、サッカー界で獲れる全タイトルを獲得しました。私たちには並外れて優れた、協調性の高い選手たちがいます。そして、バイエルンのベンチには、世界的トップチームが羨む正真正銘の表看板となる監督が座っています。非常に深刻な経済状況の中で私たちが努力して手に入れた、極めて堅調な財政状況を彼らが羨むのと同じように。

さらに私たちは、負債返済済みでクラブ所有となった、世界で最も美しいスタジアムのひとつでプレーしています。アリアンツ・アレーナは、バイエルンのホームスタジアムになってもうすぐ10周年を迎えます。私たちのスタジアムは赤く光り輝き、世界中の誰がその写真を見ても、どのチームがホームでプレーしているかがすぐに分かります。すべてが理想的に融合し合ったこの状況は、FCバイエルン・ミュンヘンの115年の歴史の中でなかったことです。

しかし私たちは、満足することは停滞を意味すると知っています。私たちは今、次の一歩を踏み出さなければなりません。世界には、私が常に大きな敬意を寄せるクラブがあります。とりわけ、レアル・マドリードとFCバルセロナです。両チームとともに、世界大会の中でもそれ以外でも、タイトルを競っていかなければなりません。一方では伝統と文化の間のギャップ、もう一方ではビジネス分野の開拓。それらは私たちがこれまで上手く乗り越えてきたものですが、両者は(今後も)私たちの大きな挑戦であり続けます。私たちFCバイエルンは、今後もミュンヘン市のギージングの皆様、そして北京の皆様に感動を与え続けなければなりません。

会員の皆様のお力添えのおかげで、私たちは目覚しい活躍をしています。というのは、FCバイエルンにはピッチに立つ選手と、日々彼らの後ろでクラブの成功を支てくれる会員、この2つの素晴らしいチームがあるからです。この2つのチームと共に、私たちはFCバイエルンの120周年、125周年も祝えることでしょう。ミア・サン・ミア!

皆様に愛を込めて

FCバイエルン・ミュンヘン代表取締役社長
カール=ハインツ・ルンメニゲ