presented by
Menu
ノイアーはミュンヘンに残る

トップクラスのチームでアウディ・サマーツアーに参戦

 FCバイエルンが東に向かうまで、あと数日。故郷バイエルン州で2つの親善試合(ヴォルフラーツハウゼンとエアランゲン)とテレコムカップ(7月15日)を行った後、ドイツマイスターのFCBは来週の日曜日(7月16日)にアウディ・サマーツアーのため中国とシンガポールに向かう。アジアで12日間を過ごした後、バイエルンは7月28に再びミュンヘンに戻る。

 カルロ・アンチェロッティはシーズン準備期間のハイライトといえるこのツアーに、トップ選手をそろえたチームと共に臨む。現時点で同行が決まっているのは、W杯王者ドイツ代表のトーマス・ミュラー、マッツ・フンメルス、ジェローム・ボアテングとトップスコアラーのロベルト・レヴァンドフスキ、そしてフランク・リベリーとアリエン・ロッベンらプロ選手にアマチュアやU19選手を加えた計18人だ。

 一方でこのアジア遠征に不参加となるのは、マヌエル・ノイアーだ。4月末に中足骨を骨折したFCバイエルンの守護神は、今週から松葉杖なしで動けるようになり、復帰に向け次の重要な一歩を踏み出すことになった。しかし一刻も早くピッチに復帰するべく、ノイアーはこの理想的な環境であるゼーベナー通りに残り、基礎トレーニングを進めることになった。

 ノイアーは、「これまでのところ、プラン通りに進んでいるよ。僕の目的は、レヴァークーゼンとのシーズン開幕戦までにトップコンディションになることだ。そのために毎日ハードワークをしている」と説明した。世界ベストGKのノイアーのほかに、バイエルンからコンフェデレーションズカップに出場した選手(ヨスア・キミッヒ、セバスティアン・ルディ、ニクラス・ズーレ、アルトゥーロ・ビダル)とU21欧州選手権優勝を果たしたセルジュ・ニャブリもアジア遠征に同行しない。この5人はアウディ・サマーツアー開催時、まだ休暇を楽しんでいる最中なのだ。

 同じくツアーに参加しないのは、控えGKのスヴェン・ウルライヒだ。同選手はミュンヘンで肘の負傷後のリハビリを続ける予定だ。

アウディ・サマーツアー2017に同行する選手一覧:

アラバ、ベルナト、ボアテング、コマン、コスタ、フリードル、フリュヒトル、フンメルス、レヴァンドフスキ、マルティネス、ミュラー、ラフィーニャ、リベリー、ロッベン、サンチェス、シュタルケ、チアゴ、トリッソ

News