presented by
Search Fill-1
Menu
インサイド

コマンが関節包を負傷

Increase font size Text size

 ホームで行われたブンデスリーガのヘルタBSC戦で、キングスレイ・コマンが左足首の関節包を負傷した。同ウィングは68分に途中出場したが、その数分後にヘルタDFと競り合った際に足首を痛めた。監督ユップ・ハインケスは「彼は足首を負傷した。捻ってしまい、関節包を痛めた。大きな問題だが、靭帯はしっかりしている。これから数日の様子を見なければならない」と、試合後に同選手の状態を説明した。

ウルライヒとレヴァンドフスキが記念試合

 ヘルタBSCとのホーム戦は、スヴェン・ウルライヒとロベルト・レヴァンドフスキにとって記念すべき試合となった。この試合でウルライヒはブンデスリーガ200試合出場を達成し、レヴァンドフスキに至っては同250試合出場を記録した。

News