presented by
Search Fill-1
Menu
ドーハ2019

4日目 ー リフレッシュして夜の練習へ

Increase font size Text size

 1月4日から10日までバイエルンの選手達はドーハ/カタールでシーズン後半戦へ向けての準備を行う。アスパイアー・ゾーン財団のトレーニング施設における練習をリポートする。

 7日(月)午前、FCバイエルンの選手たちは全く異なる方法で各自オフの時間を過ごした。ロベルト・レヴァンドフスキ、レオン・ゴレツカ、マッツ・フンメルスはチームホテルのテラスで日光浴を楽しみ、コランタン・トリッソはリハビリプログラムで汗を流し、その他のメンバーは自分たちのホテルルームで時間を過ごすことを選んだ。この自由時間でマヌエル・ノイアーはGKの同僚トニ・タパロヴィッチと一緒にクラブ・ブルッヘの練習を見学していた。現在、同ベルギーチームもアスパイアー・ゾーン財団のトレーニング施設で冬季合宿を行っている。

 FCバイエルン選手たちは合宿施設から離れようとはしなかった。冬季合宿のハーフタイム中、選手たちは目の前にまだ何があるのかを完全に理解している。そして少しの休憩を楽しんでいた。辛労の最も良い対処法をノイアーが明かした:「すでに1度か2度の合宿を経験していたら、するべきことは分かるはずだ」と、32歳の同GK選手は述べた。鍵は以前から勤勉であることだ。「もし準備不足で合宿へ向かったら、毎日の起床または2回目の練習に行くのがもっとよりハードになる」

 それは彼のチーム全員がちゃんと心に持っていた。今夜の練習ではまだ怪我を抱えているトリッソとアリエン・ロッベン以外全員が高いモチベーションを持ってトレーニング場に立った。コヴァチは選手たちに数種類の約15分間の対戦形式パス練習の課題を与え、その後チームは攻撃的プレッシングのトレーニングに取り組んだ。

News