presented by
Search Fill-1
Menu
診断結果

ノイアーは肉離れ、フンメルスは筋肉の過度伸展

Increase font size Text size

 14日(日)、4-1で勝利したフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦でマヌエル・ノイアーが脹脛の肉離れを負った。チームDr.ハンス=ヴィルヘルム・ミュラー=ヴォールファールトとDr.ペーター・ウエブラッカー博士の精密検査を通して診断結果が公表された。同試合53分で負傷交代したチーム主将ノイアーは約2週間チームから離脱する予定だ。

 同試合終了直前に大腿部の問題を抱えてピッチを去ったマッツ・フンメルスは筋肉の過度伸展を負ったために少しの間、チーム練習から外れる。

News