presented by
Search Fill-1
Menu
診断結果

エルナンデスは離脱、マルティネスとニャブリは軽傷

Increase font size Text size

 FCバイエルンは今後リュカ・エルナンデスを欠いて戦うことを強いられた。同DF選手は3-2で勝利したチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節オリンピアコス戦で右足首の内側側副靭帯部分断裂を負った。クラブドクターのDr. ハンス=ヴィルヘルム・ミュラー=ヴォールファールトによる精密検査の結果判明した。エルナンデスは手術を受けることになる。

 一方でハビ・マルティネスとセルジュ・ニャブリに重度の問題はなかった。同スペイン人選手は昨夜の試合のハーフタイムで負傷交代したが、幸運にも神経性筋肉硬直のみ。ニャブリは膝の打撲を負った。両選手は今後数日間負荷を減らして練習を行う。 

News