presented by
Search Fill-1
Menu
対戦相手情報

FCBとの直前試合で勝利したチェルシー

Increase font size Text size

 FCチェルシーは25日(火)のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント第1回戦1stレグ(対FCバイエルン)に向けた自信を得られた。22日(土)にブルーズはスタンフォード・ブリッジで行われたトッテナム・ホットスパーズとのロンドンダービーで2-1(1-0)の勝利を収めた。来季CL出場圏内を争うチーム同士の直接対決で昨季ヨーロッパリーグ王者FCチェルシーはオリヴィエ・ジュルー(15分)とマルコス・アロンソ(48分)のゴールでリード。試合終了間際にはドイツ代表アントニオ・リュディガーのオウンゴール(89分)で1点を献上しただけだった。

チェルシーが悪い流れを断ち切る

 ここリーグ戦4試合で勝点2しか獲得できていなかったフランク・ランパード率いるチェルシーは良いタイミングで白熱の試合が予想されるFCバイエルン戦を前にプレミアリーグでの連敗を止めることに成功した。同ダービー戦の勝利でチェルシーはリーグ戦4位。そして来季CL出場権を争う5位トッテナムとは勝点差を4に広げた。

フランク・ランパードは2-1で勝利したスパーズ戦で歓喜。41歳の同監督は選手時代にFCバイエルン対チェルシー戦最初の4試合に出場 – 今回はサイドラインで監督して戦う。

バイエルン戦でカンテを欠く

 自身5度目のFCバイエルンを前に長期チェルシーで選手として活躍し、今回は監督して臨むランパードだが喜べない現状がある:エンゴロ・カンテの欠場。チェルシーの心臓部として重要な役割を担う同フランス人選手は今月中旬のマンチェスター・ユナイテッド戦(0-2)で筋肉の怪我を負ってしまい25日(火)のFCB戦に出場しない。

チェルシーの本拠地があるロンドンでFCバイエルンは素晴らしい夜を経験している

News