presented by
Search Fill-1
Menu
2000万ユーロ

ルンメニゲ「全てのクラブに対する連帯意識を示す」

Increase font size Text size

 FCバイエルンとその他3つのチャンピオンズリーグ参戦クラブであるボルシア・ドルトムント、RBライプツィヒ、バイエル・レヴァークーゼンは、ブンデスリーガ1部と2部のクラブのために2000万ユーロを寄付する。これは今日、ドイツサッカーリーグ機構(DFL)からも発表された。この金額がどのように分配されるかはDFLの幹部会で決定される。

 FCバイエルンの代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲは、「他の3つのCL参加クラブと共に、我々はこのアクションを通じてブンデスリーガ1部と2部の全てのクラブに対する連帯意識を示したい。この厳しい時期には、より強い者が比較的弱い者を支えることが重要だ。これにより我々は、サッカーが今この時も一致団結していることを示したい」と見解を述べた。

News