presented by
Search Fill-1
Menu
アウグスブルク戦での交代

フリックがレヴァンドフスキに言及:「リスクを冒したくなかった」

Increase font size Text size

Robert Lewandowski 1-0で勝利した敵地アウグスブルク戦でロベルト・レヴァンドフスキは67分で途中交代した。同試合後の記者会見でハンジ・フリック監督は念のための策と問題がないことを語った:「レヴィーは今日の朝少し筋肉痛を感じていたが、上手く対処できると言っていた。これ以上無理な時は知らせるようにと伝えて、彼はそれを行った。これは安全のためだった、理由はロベルトは我々にとって非常に重要だからだ。我々はリスクを冒したくなかったよ」。レヴァンドフスキの重要性は同選手が決めたFCA戦での先制点(最終的に決勝点)で認識できる。同FCBストライカー選手は第17節を終えて22点を決めている。

FCBは1-0でFCAに勝利 - マッチリポート:

News