presented by
Search Fill-1
Menu
ファンと共にクラブの誕生日を祝う

最後のアウグスブルク戦の思い出:歴史的な分岐点

Increase font size Text size

 FCバイエルンは20日(水)敵地アウグスブルク戦で今季ブンデスリーガ前半戦を終える。同対戦カードはFCAとの最後の試合日(2020年3月8日)の記憶を蘇らせる。それはFCバイエルンにとって色々なものが混ざった感情だ。アリアンツ・アレーナで2-0の勝利を収めたが、そこには数多くの祝うべき理由があった。

FCB創設120周年

 同試合はFCバイエルン創設120周年後初のホーム戦であり、FCBはそのために特別な準備をしてFCA戦に臨んだ:FCバイエルンは同試合用の特別ユニフォームを着用。同歴史的ユニフォームはFCBクラブ歴史初期を彷彿とさせるデザインだった。チケット完売となったアリアンツ・アレーナは75,000人のファンで埋め尽くされ、スタンドを広範囲に及ぶクラブカラーの感銘的なコレオグラフィーが彩った。

ホーム戦勝利後に強制的な中断期間に突入

セルジュ・ニャブリとの素晴らしい連係からレオン・ゴレツカがスコアを2-0とするゴールを決めた。

 同試合も計画通りに進んだ。トーマス・ミュラーとレオン・ゴレツカの素晴らしいゴールでFCバイエルンは2-0の白星を飾り、リーグ首位の座を守った。完璧な祝いの日となったが、誰も同試合がFCBにとってファンの前で行う最後の公式戦となるとは想像もしていなかった。コロナ感染拡大の影響でブンデスリーガだけではなくその他の公式戦も数ヶ月中断。したがって同ダービーは歴史的な分岐点となったのだ。

同試合の写真:

 ブンデスリーガ戦再開後も無観客試合が続いた。一方でマヌエル・ノイアーとその他のFCB選手たちは同状況に順応 - 彼らはファンの帰りを首を長くして待っている - リーグ戦再開後のブンデスリーガ25試合で20勝(2敗3分)。アウグスブルク戦でも引き続き同数字の更新あるのみだ。ファンの前での最後の試合の記憶は更なる気概を生み出すかもしれない。

明日のFCアウグスブルク戦に関する5つの数字とデータを集めた:

News