presented by
Search Fill-1
Menu
Happy Birthday

今日はペップ・グアルディオラの50歳の誕生日!

Increase font size Text size

 世界最高の監督の1人であり、FCバイエルンで指揮を執った3シーズンでタイトルを7つ獲得し、今日まで続くFCBのゲームアイデンティティー構築に貢献した:18日(月)ペップ・グアルディオラは50歳の誕生日を迎えた - fcbayern.comは同スペイン人監督の誕生日を祝福する!

多くのタイトルを獲得したら盛大に祝う:2016年5月にペップ・グアルディオラはFCBで3回目のブンデスリーガ優勝を経験してビールシャワーを楽しんだ。

 FCバイエルンは2012年12月に大きな移籍を実現した:新監督としてグアルディオラの招聘。同カタラン人はFCB監督就任前にバルセロナでチャンピオンズリーグ優勝2回を達成し、2009年には同スペインチームで史上初となる1年間で6つの全タイトル獲得を成功した監督となった。1年間の休暇後、ペップは2013年夏に退任予定だったユップ・ハインケスからFCB指揮官を引き継いだ。当時のグアルディオラはハインケスがどんな偉大な遺産を残すのか見当もつかなかった。

大きな足跡 – グアルディオラが後任に相応しいことを証明

 FCバイエルンはクラブ史上最大の成功となったシーズン3冠を祝ったが、グアルディオラはこの偉業をモチベーションとして受け取り、世界最高クラブチームを更なる高みへと引き上げた。FCB代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲは「通常シーズン3冠のような1年後、完全にスランプに陥って最初は自分たちの戦い方をしないといけない」と述べ、次に同スペイン人指揮官が持つタイトル獲得への願望をこう語った:「ペップのおかげで、我々はスランプではなく、独自の成功物語を経験できた」

FCB代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲはペップがFCB監督を務めた時期に同指揮官と「本物の友情」を作れたと語った。

 グアルディオラはFCバイエルン監督就任初日から、サッカーの理想を確立することに着手。対戦相手は長時間のボール保持と連係プレーで支配 - 試合中の偶然の産物は最小限に抑えた。反対に対戦相手がボールを持つと、すぐに凄まじい攻撃的プレッシャーにシフトチェンジされた。細部へのこだわりと要求の高いパスゲームでペップ・グアルディオラはFCバイエルンのベストパフォーマンスを発揮させた。彼はまたチアゴ、シャビ・アロンソ、そして少し後に当時若手選手だったヨズア・キミッヒを技術的に優れたチームとなったFCバイエルンに加え入れた。

3年間でタイトル7個

 グアルディオラ政権下でFCバイエルンは極めて魅力的にプレーしただけでなく、非常に成功を収めたサッカーを体現していた - リーグ優勝3回、DFBポカール優勝2回、FIFAクラブW杯優勝、UEFAスーパーカップ優勝、3季連続チャンピオンズリーグ準決勝進出。ペップはFCB監督として公式戦161試合で124勝。現在ブンデスリーガ史上最高の1試合平均勝点獲得数(2.52)を記録している戦術家監督である。

ペップのFCバイエルン指揮官最後の試合は2016年DFBポカール決勝ボルシア・ドルトムント戦:PK戦の末に勝利した。

 だが現FCB監督ハンジ・フリックはペップに迫る記録を続けている(2.50)。同指揮官は類のない異次元な監督であるグアルディオラについて高い評価を持っている。ペップが構築した基礎を中心に現在の成功を築き上げたハンジ・フリックは「私がペップ・グアルディオラについて言えることは、個人的に世界最高の監督だと思う」と述べた。トーマス・ミュラーも同様の意見を話した:「ここ最近のプレースタイルはペップ・グアルディオラ政権下の時と確かに似ているね」と、同ドイツ人選手が最近のインタビューで語っていた。ペップがFCBを去ってから約5年が経過するが、彼の影響は現在のFCBで認識できる。FCバイエルンからFeliz cumpleaños!」

ペップ・グアルディオラ政権下でFCバイエルンは2013年12月にクラブ史上初のクラブW杯優勝を達成した:マヌエル・ノイアーとその他選手は2月にその実現を目指す。

News