presented by
Search Fill-1
Menu
手術成功

トリッソが左大腿部の腱を損傷

Increase font size Text size

 FCバイエルンはしばらくコランタン・トリッソを試合に起用することができない。26歳の同MFは2月18日(木)にトレーニングで左大腿部に腱損傷を負ったが、既に19日(金)朝に手術を受けた。手術は無事に成功した。監督ハンジ・フリックは「ココのために残念に思う。離脱期間は少なくとも3カ月になると見ている」と報告し、「ココは最近、自身のクオリティーを再び示した。彼には大変大きな信頼を抱いている。彼には十分な時間が与えられるし、我々も全力でサポートする」と続けた。
 

News