presented by
Search Fill-1
Menu
BVBとのクラシカー前のインタビュー

キミッヒ「どの試合でも絶対的な意志が必要だ」

Increase font size Text size

 来る土曜日、ブンデスリーガで104回目のFCバイエルンとボルシア・ドルトムントの対戦が行われる。しかし今年の対決前の状況は、BVBが優勝をかけた最大のライバルとしてバイエルンと競り合った過去数年とは異なる。首位FCBは5位ドルトムントと既に13ポイントの勝点差がある。このアリアンツ・アレーナで開催されるクラシカーを前に、直近2試合のBVB戦に特別な記憶を持つヨズア・キミッヒがfcbayern.comのインタビューに答えた。

ヨズア・キミッヒのインタビュー

君たちは現在ドルトムントに13ポイントの勝点差をつけている ― それでも土曜日の試合が大きな注目を集めるのはなぜだろう?

キミッヒ:「ドルトムントとの試合はいつも特別だ。僕がここに来て以来、彼らはいつも最大の強敵だった。彼らとの試合はほとんどいつも、特にドルトムントでは接戦になった。ホーム戦では頻繁に勝つことができているが、それを今回も目指している。でも僕たちはBVBのクオリティーを知っているので特別な試合だ。ファンにとってもそうだと思う」

恐怖の瞬間:今季前半のドルトムント戦でキミッヒは膝を負傷し、FCバイエルンのチームから2カ月以上の離脱を余儀なくされた。

前回の対戦で、君は膝を負傷したね。あの試合をどのように思い出す?そして、どのようにしてこれほど早く以前の強さを取り戻したんだい?

 「前回のドルトムント戦で、僕は残念ながら負傷した。あの試合の前、僕は本来とても良い感触を得ていた。疲れは感じていなかった。あれは事故だよ。僕はすぐに復帰に向けて集中しようとした。でも僕にとって一番大事だったのはできる限り早く復帰することではなく、以前と同じような強さで戻ることだった。僕の身体に治療中だったり弱っている箇所があってはならなかった。そして今に至るまで上手くいっている」

マッチウィナー!ドルトムントと戦ったDFLスーパーカップでキミッヒは82分にゴールを決め、FCバイエルンの3-2の勝利を確定させた。

スーパーカップでの君の決勝ゴールも記憶に残るものだ。あれは絶対的な意志の表れだった ― 君たちのこの強い意志は土曜日の試合でも重要になるだろうか?

 「絶対的な意志はどの試合でも必要だ、ドルトムントが相手の時だけではない。でもドルトムント戦では特に重要だろう ― 互角の2つのチームによる対戦だ。僕たちには数ポイントのリードがあるが、ドルトムントには順位表の上位で争うクオリティーがある。だから、もしかしたら最後に違いを生み出すのはメンタリティーかもしれない。そのため、絶対に勝利したいという僕たちの気持ちが見ている人にも伝わらなければならない」

バイエルンとドルトムントの試合はブンデスリーガで既に多くの歴史を生み出している。忘れられない瞬間を振り返ろう:

News