presented by
Search Fill-1
Menu
FCバイエルンでプロ契約

ムシアラが2026年までの契約にサイン

Increase font size Text size

 FCバイエルンはジャマル・ムシアラと2026年までのプロ契約を締結した。18歳の同攻撃的選手は2019年夏にFCチェルシーからFCバイエルンU17チームに移籍して、それ以降目覚ましい成長を遂げた。

スポーツ取締役ハサン・サリハミジッチ:「ジャマルがFCバイエルンで長期間のプロ契約にサインしたことを我々はとても喜んでいる。これは我々が共に取り組んだ成果だ。ジャマルが2019年夏にFCバイエルンに加入する前、我々のプロジェクトで彼と彼の家族を説得する必要があり、やり遂げることが出来た。 選手を見つけ出し、成長させ、トップチームに加える我々のシステムが実を結んで非常に満足している。我々のスカウト責任者マルコ・ネッペはここで凄まじい役割を担った。今後我々はジャマルが更に成長と全力を出させることに注視していく必要がある。彼がFCバイエルンに多くの歓喜を運んで来ることを確信しているよ」

ジャマル・ムシアラ:「FCバイエルンで初のプロ契約にサインできて本当に嬉しい。 このクラブとチームの居心地は信じられないぐらい良く感じている。僕は世界最高の選手たちと一緒にプレーして、毎日彼らから学ぶことが出来るんだ。ハンジ・フリック、ハサン・サリハミジッチ、マルコ・ネッペ、クラブ全体が僕を信じて、とても早期にチャンスを与えてくれた。 良いパフォーマンスでこの信頼に応えたい。常に改善を求めているし、FCバイエルンで多くのタイトルを獲得したいね。目標はFCバイエルンの重要な選手になることだ」

 先週18歳の誕生日を迎えたムシアラはプロチームで公式戦27試合出場4得点を記録。先週のラツィオとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント・ラウンド16第1戦(4-1)ではクラブ史上CL最年少得点者となった。昨年6月のSCフライブルク戦で出場し、クラブ史上最年少ブンデスリーガ出場選手となっていた。

News