presented by
Search Fill-1
Menu
バイエルンで達成した記録

ジェローム・ボアテング:記録に彩られた10年

Increase font size Text size

 ジェローム・ボアテングはこの10年間でFCバイエルンの一時代を築き、タイトル獲得において決定的な役割を果たした。不屈のデュエルと優れた技術を備えたビルドアップで、同選手はファンの心を掴んだfcbayern.com がこの素晴らしい10年間で同選手が記録した数字を振り返る。

1.無敵のセンターバック

 ボアテングは2012年11月から2014年12月にかけてブンデスリーガ56試合連続無敗記録を達成 – これはリーグ史上最長記録だ!

2.デュエルで本領発揮

 ボアテングはブンデスリーガで62%のデュエル勝率を記録 – 2011-12シーズン以降にブンデスリーガ100試合以上に出場したFCバイエルン選手の中でこの勝率を上回る選手はハビ・マルティネスのみ(64%)。

3.2度の3冠達成

 ボアテングはFCバイエルンで2度の3冠に輝いた5選手の1人だ。同選手以外ではマヌエル・ノイアーダヴィド・アラバトーマス・ミュラーハビ・マルティネスが同様の偉業を達成、、またヨーロッパではジェラール・ピケ、ダニ・アウベス、セルヒオ・ブスケツ、シャビ、アンドレス・イニエスタ、ペドロ、リオネル・メッシ(いずれもバルセロナで2009年、2015年に達成)、サミュエル・エトオ(バルセロナで2009年、インテルで 2010年に達成)だけだ。

4.フィールド全体を収める広い視野

常に全力!ボアテングが勝利に向けて全力を尽くしたのは2013年のチャンピオンズリーグ決勝のみには止まらない。

 2013年のチャンピオンズリーグ決勝では、ボアテングがフランク・リベリーにピンポイントのロングボールを通し決勝点を演出した。FCバイエルンでのブンデスリーガデビュー以来、2014年ワールドカップ覇者は2477本のロングパスを供給し、同期間中のブンデスリーガではマッツ・フンメルス(2672本)に次ぐ2位の記録を残した。

5.優れたテクニック

 また同期間中に1500本以上のロングパスを供給した全ブンデスリーガ選手の中で、ボアテング(ナウドと同率の62%)より高いパス成功率を誇るのはケビン・フォクト(68%)だけだ。

 別れの挨拶に代えてジェローム・ボアテングのFCBでのキャリアを振り返った:

News